Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

白昼の富山の奥田交番で拳銃強奪。犯行の経路は?稲泉健一警部補を殺傷、小学校で警備員に発砲した島津慧大が殺人の容疑で逮捕。島津容疑者とはどんな人間か。

白昼の富山の奥田交番で拳銃強奪。犯行の経路は?稲泉健一警部補を殺傷、小学校で警備員に発砲した島津慧大が殺人の容疑で逮捕。島津容疑者とはどんな人間か。

白昼に拳銃強奪、殺人事件が発生

 

画像出典:モーニングショー

 

2018年6月26日の14時ごろ、富山市の交番と小学校で殺人事件が起こりました。

犯人は島津慧大容疑者。

富山市久方町の県警奥田交番の裏口から扉を叩いた島津容疑者。

勤務する稲泉健一警部補(46歳)が開けると、突然包丁とナタで切りつけ拳銃を奪い、もみ合いの末滅多刺しにしました。

 

 

稲泉健一警部補と一緒に交番にいた相談員の男性が血だらけで付近の美容室に110番通報を依頼しました。

相談員とは、交番の警察官が見回りなどに出ている間に交番に控えてサポートする警察OBです。

以下は現場となった交番の裏手です。

 

 

島津容疑者は交番を出て走り出しますが、稲泉健一警部補は血だらけになりながらも追いかけ、途中で力尽きて倒れたようです。

その後、稲泉健一警部補は出血多量で死亡が確認されています。

島津容疑者は付近の富山市立奥田小学校に侵入しようとしますが、敷地内の警備員 中村信一さん(68歳)に静止され発砲、警備員は左肩や頭部を撃たれ死亡が確認されました。

 

Advertisement

 

以下は中村信一さんが撃たれた現場です。

 

 

島津容疑者の行動を画像にしてみました。

交番と小学校がいかに近かったかが分かります。

赤い矢印の間を稲泉健一警部補は追いかけ、力尽きました。

出典:GoogleEarth

 

事件後逃走しますが、110番通報で駆け付けた警察官に見つかりました。

既に弾を撃ち尽くしていた島津容疑者は、持っていた包丁とナタで襲い掛かってきたとのことです。

警察官の発砲が腹部に当たり、倒れたところを逮捕されました。

 

Advertisement

島津容疑者とは?

 

 

21歳、職業不詳となっています。

27日現在、重体ですが意識はあるようです。

 

両親と3人で暮らしていました。

中学時代、普段は穏やかで真面目な性格だった島津容疑者。

急に怒り出したり、暴れたりする傾向があったようです。

同級生からも変わりものとみられていました

ひとりでいることが多く、休み時間に小説を読みふける姿が多かったようです。

 

野球部に所属していましたが、監督ともめてから通学拒否するようになり、引きこもりになりました

高校に行っていない可能性があるようですが詳しくは分かりません。

 

Advertisement

 

その後、自衛隊に入隊しますが、2年間で退役し自宅に戻ってきました。

父親を殴り通報されたりと、より暴力的になっていました。

父親は近所でも彼のことを話したがらなかったようです。

島津容疑者はこの性格からすると集団生活に馴染めない性格が改善していなかったはずです。

なぜ最も集団行動、協調、服従を必要とする自衛隊に入隊したのか、入隊できたのかがよくわかりません

そこが島津容疑者の「そとづら」なのか、コネなのかは不明です。

そこで銃の扱い方を学んできているはずで、今回の拳銃強奪に繋がっていたとしたら…。

2年間の自衛隊での生活で、もとから不安定さをはらんでいた彼の中の何かが崩壊していった可能性はあります。

 

Advertisement

 

稲泉健一警部補とは?

 

出典:ハフポスト

 

真面目で優しい人柄。

ご高齢の方に親身になって対応したり、公園の清掃活動にも参加、そこでも真面目に取り組まれる方でした。

今回も奪われた拳銃を必死に取り返そうと、血まみれで追いかけて力尽きています。

警察官でもふいに襲われたら対処しきれないし、突然包丁とナタで切りつけてきて倒れたところを奪われたのなら、奪われたことを責めることはできないでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

なお、拳銃は腰の右側のホルスターにしまっています。

普段民間人と話す場合も、ホルスターをみせないように対応するよう訓練しています。

そのくらい慎重に扱っていますが、今回は島津容疑者が交番の裏口から訪ねてきたことで不意打ちのような状態だった模様です。

拳銃とホルスターは金属が入った丈夫な紐で繋がっており容易には切れません。

島津容疑者は所持してきたナタでその紐を切って奪ったようです。

 

Advertisement

 

警備員 中村信一さんとは?

 

出典:TAMA警備

 

耐震工事をしていた奥田小学校で工事関係車両の交通誘導を行っていました。

普段から雇用されている警備員ではなく、たまたまこの時期に警備されていたため、事件に巻き込まれてしまいました

工事車両だけではなく、保護者の自動車の誘導なども率先したり、子供たちにも挨拶をする気さくで優しい人柄だったようです。

もしここで中村さんが止められず小学校に侵入を許せば、子供たちが危害を加えられる可能性があった状況でした。

ご冥福をお祈りいたします。

 

Advertisement

銃の管理について

 

 

過去にも同様に紐を切られて奪われる事件は起こっており、改良は重ねていますが、その中での犯行。

拳銃強盗のさらなる防止策が求められます。

交番にいるうちはホルスターから外し、金庫などで管理するよう管理を検討した方がよいかもしれません。

ただし金庫に入れればすぐに出動できない、ホルスターを改良すればすぐに抜けなくなるという問題があり対処はよく検討が必要です。

 

Advertisement

 

まとめ

 

 

今は交番にブルーシートが掛けられ、その運営を停止しています。

 

島津容疑者の中学時代の行動は、普段は大人しいのに突然暴力的になり暴れだすというものでした。

野球部監督とももめて学校へ通うことをやめてしまいました。

その行動だけをみると、先天性のなんらかの病があった可能性がありますが、詳しいことは分かりませんのでここでは差し控えたいと思います。

そうした病の方の差別を助長することは絶対に避けるべきですが、どうしても周囲のひとが早い段階で対処しきれないという問題があるような気がします。

両親にしてみたら「自分の子は普通」と思いたいから、病院で診察という判断をできないケースも多いようです。

 

Advertisement

 

僕が昔お付き合いをした女性に先天性の精神疾患がある女性がいましたが、子供のころに母親に病院に連れていかれ、「病気」と診断をされました。

その後の彼女は「普通」ではなく「病人」として自覚し、生きていかなければいけませんでした

彼女はそのことをいつも悲しそうに話していました。

疾患によりネガティブになりやすいので、なおさらです。

 

我が子を「病気」としたくない親、「病気」になったことで苦しむ子。

いったい何が正解なのでしょうか。

その間に入って、話を聴き、正しい道を指し示せるのは本来カウンセラーなんでしょうが、保険適用外だし、気持ち的には敷居が高い。

親の経済力が無ければ通うことは不可能です。

ここに、決定的な溝として、「両親が我が子を諦めている」という状況があるようです。

新幹線でナタを使い無差別殺人を行った小島容疑者も、両親の育児放棄がありました。

この諦めから闇に飲み込まれていくひとが後を絶ちません。

もしかしたら、キリスト教の神父様のような、もう少しフランクに緩和ケアのような役割ができるひとがいたらいいのかもしれません

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事を紹介させていただきます。

 

東海道新幹線でナタによる無差別殺人が発生。犯人は22歳の小島一朗容疑者。勇敢に立ち向かわれた梅田耕太郎さんにご冥福をお祈り申し上げます。

小島容疑者の身上書と彼の残したメモに闇がみえた。幼少期は自閉症で人気者?仕事せず資格魔?新幹線の無差別殺人は育児放棄と無理解から始まっていた。

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

ニュースカテゴリの最新記事