富山の奥田交番の拳銃強奪殺人。島津慧大の動機が徐々に判明。ナタなどの凶器を持ち込み、勤務先・交番・奥田小学校は全て徒歩圏内。計画的な犯行をプロファイリング。

富山の奥田交番の拳銃強奪殺人。島津慧大の動機が徐々に判明。ナタなどの凶器を持ち込み、勤務先・交番・奥田小学校は全て徒歩圏内。計画的な犯行をプロファイリング。

拳銃強奪の状況が徐々に明らかに

 

出典:モーニングショー

 

富山の交番と小学校で起こった白昼の殺人事件。

容疑者 島津容疑者の逮捕で新たな情報が分かってきました。

島津容疑者の6月26日の行動を改めて時系列にしてみます。

 

 

当日の時系列

 

 

午後12:00ごろ

「アピタ富山東店」のアルバイト先に出勤。
こちらが富山東店です。

 

午後12:30ごろ

店長から清掃などをするように言われたが、言われた通りにしなかったため店長から注意を受ける。

反抗的な態度をし睨みつけ、店長を殴り、店を抜け出した。

なお島津容疑者の勤務先はファーストフード店のようです。
「アピタ富山東店」のファーストフード店は現時点で3店舗ありました。
ミスタードーナツ、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンのいずれかでしょう。
情報番組ではそれとなくぼかしてみせていますがここではあえて特定を避けます。

 

(約90分間の空白)

この間に、

 

アルバイト先で店長と言い争いになり殴った
自分の持ち物を捨ててほしい

 

という感じで家族にLINEで連絡をしていたようです。

アルバイト先から交番までは徒歩で30分程度で着くため、他にどこで何をしていたかは取り調べ中のようです。

 

Advertisement

午後14:00ごろ

交番で警察官を殺傷し、拳銃を奪い逃走。

(20分間、住宅街に潜伏)

午後14:20ごろ

奥田小学校で警備員に発砲。

通報を受けて駆け付けた警察官に取り押さえられ逮捕。

 

Advertisement

 

島津容疑者の犯行動機

 

 

この地図は、勤務先と奥田交番、奥田小学校の位置関係をわかりやすくしたものです。

勤務先から奥田交番までは徒歩30分程度のようです。

いずれも近所であることがよくわかると思います。

逮捕後に調べたところ、全長32センチの斧、22センチのサバイバルナイフ、50センチのナタなど4本の凶器を所持していました。

アルバイト先と自宅は徒歩と電車で65分程度かかるようなので、アルバイト先を飛び出してからいったん自宅に戻って凶器をとってくる時間は無かったはずです。

 

Advertisement

 

これだけの大物の凶器を4本も、住宅街で集めながら交番に辿り着いたという線はあり得なさそうです。

50センチのナタは野山で長い草を薙ぎ払うのに使うようなタイプらしいので、住宅街に必要が無く、置いてあるはずがありません。

そうなると、凶器を持ってアルバイトに出掛けていたはずですので、アルバイト先で店長に注意を受け殴ってしまったことによる自暴自棄からの犯行ということではなさそうです

また、交番は正面からいけば複数の警察官と向き合う可能性が高くなります。

 

Advertisement

 

正面からではなく、裏口の扉から入るということを考えると、1対1になれるチャンスを狙っていた可能性があります。

店長を殴るというのは異常な行為です。

カッとなった頭で、90分でそこまで作戦を練るのは難しい。

犯行は計画的なものだったはずです。

こうしたことから、島津容疑者の当日の行動をさらに推測してみます。

 

Advertisement

 

島津容疑者の計画と行動のプロファイリング

 

島津容疑者は自衛隊員のころに拳銃の扱い方を覚えていたため、かねてから警察官から拳銃を奪っての無差別殺人を計画。

米国での学校での銃乱射などをヒントに、小学校がそばにある奥田交番に狙いを定めた。

また先日の新幹線無差別殺人などをヒントに、ナタなどの凶器を揃えていた。

犯行はいつ実行に移すか決めかねており、いつでも実行できるよう凶器を持ち歩いていた。

事件当日も凶器を持って出勤。

勤務先で勤務態度について店長から厳重注意をうけ、カッとなって殴打。

 

Advertisement

 

凶器が入った私物をもって勤務先を飛び出す。

店長を殴るということは計画になく、このままだと暴行罪で警察に逮捕されてしまう。

それでは拳銃強奪の計画がおじゃんになる。

もし交番に着く前に捜索中の警察官に捕まって、所持している凶器から怪しまれ、自宅パソコンのメモなどから犯行計画がバレてしまうかもしれない。

(もしくは恥ずかしい画像などが見つかると困る)

それを防ぐため家族にLINEで私物を捨てるよう依頼。

交番付近で監視し、警らで他の警察官が出ていくのを見計らっていた。

 

Advertisement

 

14時ごろ、交番の裏手から犯行に及ぶ。

拳銃強奪後、近くの小学校で犯行に及ぶ計画だったが、血まみれの警察官が途中まで追ってきたことで付近が騒然となり、出づらくなった。

そこで住宅街に20分ほど身を隠し様子をみていた。

※その間に捨てたとみられる血の付いた衣服が見つかっています。

 

タイミングを見計らって小学校に向かい、警備員に呼び止められ、発砲した。

 

Advertisement

 

まとめ

 

 

僕なりに島津容疑者の行動をプロファイリングしてみましたが、本当のところはこれから事情聴取でわかってくるでしょう。

現時点での情報をもとに行動に意味があるという前提で考えてみました。

ただ、島津容疑者は孤独を好む性格から、自己完結させ他人には内面をみせないタイプのように見受けられるので、全て本当のことを話すかはわかりません。

 

Advertisement

 

交番の裏手から犯行に及んだのは、もう一つ可能性として、店長を殴打したことで警察から捜索対象になっていると思い、正面から行けば顔バレしてしまう、不意打ちのためには裏口しかない、そう思っただけかもしれませんね。

いずれにせよ当日の突発的な感情で及んだ犯行ではなく、計画的だったことは間違いないと思います。

あとは、犯行計画をした動機と、拳銃を奪って本当はどうするつもりだったのか。

もし本当に小学校での無差別殺人を計画していたとしたら、恐ろしいことですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

ニュースカテゴリの最新記事