Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まんが日本昔ばなしで20年演じた常田富士男さん死去。相方の市原悦子さんは悲痛のコメント。天空の城ラピュタでも好演。素晴らしい語り手でした。

まんが日本昔ばなしで20年演じた常田富士男さん死去。相方の市原悦子さんは悲痛のコメント。天空の城ラピュタでも好演。素晴らしい語り手でした。

常田富士男(ときたふじお)さんが死去

 

 

声優、俳優の常田富士男さんが亡くなりました。

2018年2月から脳内出血で入院していました。

2018年7月18日の午後に亡くなりました。

81歳。

ご冥福をお祈り申し上げます。

また惜しい名優が天に召されました。

 

常田富士男さん?
どなた?

 

Advertisement

 

という方もいらっしゃるかもしれませんね。

『まんが日本昔ばなし』の声優さんといったら、すぐにピンとくるのではないでしょうか。

20年も務められ、まさにミスター『まんが日本昔ばなし』です。

 

テレビ番組「まんが日本昔ばなし」で長年、語り手を務めた俳優の常田富士男(ときた・ふじお)さんが18日、脳内出血のため東京都内の病院で死去した。81歳。長野県生まれ。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男青児(せいじ)氏。

熊本県で育ち高校卒業後、上京して劇団民芸の養成所に入所した。TBS系のアニメ番組「まんが日本昔ばなし」で1975~94年、俳優の市原悦子さんと語り手を務め、「むかーし、むかしのことじゃったぁ」の温かな語り口で親しまれた。

 ほかに、黒沢明監督の「赤ひげ」、今村昌平監督の「楢山節考」「うなぎ」などの映画に出演した。(共同)

出典:毎日新聞

 

Advertisement

 

市原悦子さんのお言葉

 

 

1975年から1994年まで『まんが日本昔ばなし』で約20年に渡り声優を務めました。

これは初期のころの貴重な写真ですね。

 

 

Advertisement

 

コンビだった市原悦子さんは、音声で心情を伝えていただいています。

 

常田さんとはいろんな役をやりましたけど、かわいいひとでしたね

弟のような夫のような…

甘えるところはちょっとはにかんで甘えるし

一生懸命なときはむきになるし

お仕事するのに真剣でね

そしてとっても日本昔ばなしが好きでしたね

常田さん

これを「入歯になるまでやろうね」って2人で話していました

 

常田さんは 昔ばなしの世界に生きていたような人なんですね

だからお家には猿がいるし犬がいるし猫がいる

かわいい人でしたね

 

なんだかお二人の姿が、この絵と重なってみえました。

 

 

Advertisement

 

『まんが日本昔ばなし』というアニメは非常に特殊なアニメだと思います。

全ての役柄を、たった2人の声優だけで務めるからです。

おじいさん役の印象が一番強いですが、動物、植物、石なども演じており、1話の中でひとり12役こなしたこともあるそうです。

時におじいさん、時に若者、時にサル、時に石ころと、声色を少しずつ変えて演じ分けました。

「昔ばなしの世界に生きていたような人」という市原さんの言葉、とても常田さんの『まんが日本昔ばなし』に対する姿勢や、真摯な人柄を表現されていると思いました。

 

Advertisement

 

テレビや映画でも活躍

 

 

若いころが黒澤明監督作品の『天国と地獄』と『赤ひげ』(1965年)に出演しています。

また市川崑から重用されて、計13本の作品に出演しているそうです。

あまり知られていませんが、その他にも多数の映画、テレビ番組、ドラマに出演されていました。

あの『天空の城ラピュタ』の「ポムじい」も務めています。

 

 

晩年の代表作は、河瀬直美監督が起用した映画『2つ目の窓』(2014年)と『輪廻』(2016年)。

河瀬監督は、常田さんへの尊敬を込めた言葉を贈りました。

 

常田さんの演技はあまりにリアルで、モニターのこちら側で、こらえずに涙を流したこともあります。

できうれば、もっともっと、フィルムにあなたの姿を焼きつけたかった

 

Advertisement

 

晩年の常田さん

 

 

2014年のお姿です。

実に味わいのある語り手をされていました。

昔話を語る姿はまだまだご健在の様子でした。

 

 

2016年に最期の作品となった『輪廻』に出演されたときのお姿です。

 

Advertisement

 

まとめ

 

 

最期の映画作品となった『輪廻』という言葉は、こういう意味だそうです。

 

霊魂が,人間,動物あるいは場合によっては植物などと,1つもしくはそれ以上の存在に次々に生れ代っていくとする思想,信仰。

出典:コトバンク

 

なんだか、まるで『まんが日本昔ばなし』でおじいさん、動物、植物、石などを演じられた常田さんそのものではないでしょうか。

常田さんはそうして役柄ひとつひとつに、自分の魂を込めて演じられていたのかもしれませんね。

そのように考えると、最期の作品が『輪廻』だったのは何か強い縁というか、運命を感じずにはいられません。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

 

芸能カテゴリの最新記事