Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高梁川【支流】のはずの小田川が越水破堤した原因は?線状降水帯による集中豪雨で倉敷市真備町も飲み込んだ平成30年7月豪雨。堤防決壊のハザードマップは要確認。

高梁川【支流】のはずの小田川が越水破堤した原因は?線状降水帯による集中豪雨で倉敷市真備町も飲み込んだ平成30年7月豪雨。堤防決壊のハザードマップは要確認。

平成30年7月豪雨

 

image:情報ライブミヤネ屋より(以下同)

 

気象庁は2018年7月に関西地方を襲った集中豪雨を「平成30年7月豪雨」と命名しました。

 

気象庁では「顕著な災害を起こした自然現象については、命名することにより共通の名称を使用して、過去に発生した大規模な災害における経験や貴重な教訓を後世代に伝承するとともに、防災関係機関等が災害発生後の応急、復旧活動を円滑に実施することが期待される。」としています。

 目安としては、顕著な被害(損壊家屋等1,000 棟程度以上、浸水家屋10,000 棟程度以上など)が起きた場合です。

 豪雨災害で気象庁が命名するのは去年の「平成29年7月九州北部豪雨」以来となります。

出典:ウェザーニュース

 

Advertisement

 

これだけの未曽有の被害を出しているので、ネットでは「サラッとした名前」「扱いが軽い」と言った意見が多く見受けられます。

このネーミングは気象庁として命名規約に則った名前というだけで、被害の規模感を入れるものではありません。

 

◆平成26年8月豪雨
 平成26年7月30日~8月26日
◆平成27年9月関東・東北豪雨
 平成27年9月9日~11日
◆平成29年7月九州北部豪雨
 平成29年7月5日~6日

 

過去の命名をみても、被害規模に関わらず同じような名前の付け方になっていると思います。

「どこに、基準値をこえる大雪や豪雨があったか」という基準だけで付けるものですね。

 

Advertisement

 

岡山県倉敷市にも集中豪雨とおおきな被害

 

 

最も被害が大きかった地域が広島県で死者46人、行方不明者44人(2018年7月9日時点)。

次いで岡山県で死者16人、行方不明者7人でした。

西日本を中心に日本を縦断するように雨雲が移動していきました。

 

岡山県の中でも最も甚大な被害が出ているのが、岡山県倉敷市真備町です。

 

冠水:1200ヘクタール(町の面積の約3倍)
死者:11人
救助人数:約1850人

 

岡山県の死者16人のうち、11人が真備町ということになります。

 

 

なぜここまで被害が大きくなってしまったのでしょうか?

 

 

Advertisement

 

雨雲レーダーの動きを見てみると、どの程度集中して降り続けたかがわかります。

色ごとの降水量です。

黄色、赤は豪雨地域を指しています。

 

 

5日午後2:15

まだ比較的多くは無いですが、降り続いている状況です。

雨雲は広島側から線状に岡山側へ流れてきています。

6日午後0:20

いまだ降り続け、徐々に激しさを増しています。

 

Advertisement

 

6日午後10:00

最も激しい豪雨にさらされた時間帯です。

16ミリから30ミリ以上が降り注ぐ時間帯が長時間続きました。

7日午前8:25

最も激しい豪雨は去ってもいまだ降る続けています。

7日午前11:45

やっと雨雲が去っていきました。

 

このように、丸2日くらい降り続けていました。

その間に降水量も非常に多かったことがお分かりいただけたと思います。

非常に広い雨域で、かつ横に長い線状降水帯だったことが特徴的です。

線状に雨雲が動き、局地的に長時間降り続けました。

 

Advertisement

 

真備町の被害は河川の堤防決壊

 

 

岡山県には高梁川(たかはしがわ)という大きな河川が本流として流れており、真備町はその支流である小田川が流れています。

その小田川の堤防が100mに渡って決壊してしまいました。

一番流れの激しい本流ではなく、支流である小田川で何故決壊してしまったのでしょうか?

 

以下は小田川から高梁川へ流れ込んでいる地図になります。

赤い枠が真備町です。

小田川が高梁川へ流れ込む直前の細い部分であることが分かります。

しかし本来の流れは小田川から高梁川方向のはずです。

 

image:Googleマップ

 

Advertisement

 

以下の絵のように、本来は小田川から高梁川に流れ込みますが、今回は高梁川が増水しすぎたため小田川へ逆流が起こりました。

その為、細い支流の小田川が一気に増水し決壊を起こしてしまいました。

こうした逆流による決壊は他の災害でも見られるそうです。

この現象を「バックウォーター現象」と呼ぶそうです。

 

 

決壊した水が一気に街を飲み込んでいきましたが、その水は多量の土砂を含んでおり、被害を大きくした一因のようです。

以下は堤防決壊のパターンを表しています。

小田川は凄まじい勢いで増水したことから堤防の高さを乗り越えてしまった、3番目の「越水破堤」になります。

この場合、乗り越えた水が堤防の町側の盛り土を削り取りながら街に運んでしまうため、草木や泥土が混ざった水が大量に押し寄せたようです。

 

 

Advertisement

 

ハザードマップを確認しておきたい

 

出典:倉敷市ハザードマップ

 

上記は2017年最新版の真備地区のハザードマップです。

今回の地域も決壊の可能性を示唆していました。

豪雨で決壊をした場合、「2階の軒下以上が浸水」する範囲が広範に示されていることが分かります。

残念ながら予測の通りの結果となってしまいました。

起こる結果は予測できていても、確率的に「100年に1回程度」とも記載されており、このマップを知っていても油断してしまっていたひともおられたかもしれません。

またハザードマップの存在自体知らないというひとが多いのも実情です。

河川の近くに住んでいる場合、局地的な豪雨の際に決壊する可能性が高いかどうかは、ハザードマップで確認をしておき、備えをしておく必要があります。

 

Advertisement

 

まとめ

 

 

ポンプ車で夜を徹して水を抜いていますが、抜けきるには2週間くらいかかるようです。

何十年に一度あるかないか、という集中豪雨に常に備えをしておくのはなかなか難しいし、今回のように夜中に決壊してしまうととにかく慌ててしまうので、貴重品を取りに戻って被害にあうような事例もあるようです。

しかし大地震と同じで、いつ起こるか分からないからこそ、防災グッズの用意と避難場所の確認、緊急連絡手段の確保くらいはしておけるはずです。

僕も河川の付近に住んでいる身として、まずは生命を第一に考えて行動するように心がけたいと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

【開封レビュー】獺祭 島耕作、美味しいぞ。これは32400円の磨きその先へだったのか?完売でも復興支援の想いを踏みにじる転売ヤーから買ってはいけない。

安芸区矢野町の土砂崩れから7人の生命を救った山崎賢弘さんを発見。同僚の晋川尚人さんともう一人の一般の方が依然行方不明のままです。

7人の生命を救った呉警察署の警察官2人が土砂崩れで行方不明。72時間の壁を越え晋川尚人さんを捜索する父は、なんでもいいからどういう形でもいいからと目を潤ませた。

災害ボランティアは破傷風などの感染症の恐怖もある。ボランティア保険に入り防塵マスク、ヘルメットなどの万全の服装を準備すべし。自分の身は自分で守る覚悟を。

倉敷市真備町のやじ馬は被災者の気持ちを逆なでします。支援物資の放置とあわせてやめてください。善意の押し売りはいけません。

被災された島谷ひとみさんから「写真を撮りに行かないで!!」集中豪雨で広島県、愛媛県、岡山県、岐阜県、高知県など河川氾濫、土砂崩れが多発。死者が多数出ています。

獺祭の旭酒造が被災。本社蔵が浸水し製造中止です。出荷までに2か月~3か月かかる間に悪徳業者がプレミアム価格で販売するものには絶対に手を出さないで!

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

 

ニュースカテゴリの最新記事