Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

倉敷市真備町のやじ馬は被災者の気持ちを逆なでします。支援物資の放置とあわせてやめてください。善意の押し売りはいけません。

倉敷市真備町のやじ馬は被災者の気持ちを逆なでします。支援物資の放置とあわせてやめてください。善意の押し売りはいけません。

真備町に支援物資が不足

 

image:ツイッター

 

河川の決壊で多くの死者を出した倉敷市真備町。

まだお亡くなりになった方は捜索中で、今後も増えるかもしれません。

そのような状況ですが、なんとか生命からがら逃げ延びた方々にとっては、今日を生きることに全力を注がなくてはなりません。

それがまた亡くなった方、家族への約束でもあると思います。

 

Advertisement

 

真備町では支援物資が足りておらず、徐々に配布を進めています。

食料、飲料だけではなく、電気も止まりエアコンも効かずとにかく暑いので、「冷えピタ」のような身体を冷やすものもあった方が良いでしょう。

せっかく生き延びたのに、熱中症で倒れてしまうことは避けていただきたいです。

 

支援物資はどこに集めるかが決められています。

 

 

 

 

Advertisement

 

やじ馬、支援物資の放置

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

あって欲しくなかったのですが、被災現場を見学してきた「やじ馬」とみられるひとがいるようです。

 

同市が「救助や捜索の妨げになる恐れがある」と困惑している。現地を訪れた人たちが置いたとみられる「支援物資」が積まれる事態も起き、対応に苦慮している。

出典:朝日新聞DIGITAL

 

支援物資を持って来ても冠水していて先に進めず、指定の場所まで届けられずに適当なところに積み上げてしまっているようです。

 

Advertisement

 

倉敷市は公式ツイッターで以下のようにお願いを告知しています。

 

 

 

現時点では問題は解消されているようです。

いてもたってもいられなくて支援物資を持ってこられた方の善意には感謝するところでしょうが、善意の押し売りはいけません。

きちんと定められたルールに従い支援してください。

今後も同じようなことが続く恐れはあるため、皆で意識を徹底させましょう。

 

Advertisement

 

まとめ

 

とにかく捜索の妨げになるようなことは絶対に避けなくてはいけません。

やじ馬も絶対にやめてください。

安全な場所からやってきて、写真を撮って、また安全な場所に帰る。

その姿をみた被災された方々が、どう感じられるか、想像してみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事を紹介させていただきます。

 

災害ボランティアは破傷風などの感染症の恐怖もある。ボランティア保険に入り防塵マスク、ヘルメットなどの万全の服装を準備すべし。自分の身は自分で守る覚悟を。

高梁川【支流】のはずの小田川が越水破堤した原因は?線状降水帯による集中豪雨で倉敷市真備町も飲み込んだ平成30年7月豪雨。堤防決壊のハザードマップは要確認。

被災された島谷ひとみさんから「写真を撮りに行かないで!!」集中豪雨で広島県、愛媛県、岡山県、岐阜県、高知県など河川氾濫、土砂崩れが多発。死者が多数出ています。

獺祭の旭酒造が被災。本社蔵が浸水し製造中止です。出荷までに2か月~3か月かかる間に悪徳業者がプレミアム価格で販売するものには絶対に手を出さないで!

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

 

 

ニュースカテゴリの最新記事