Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

7月29日から日光でティフェンヌ・ベロンさんが行方不明!親族の情報提供依頼も掲載。台風12号の風、てんかんの持病で事故?小さなショルダーバッグを持っています。

7月29日から日光でティフェンヌ・ベロンさんが行方不明!親族の情報提供依頼も掲載。台風12号の風、てんかんの持病で事故?小さなショルダーバッグを持っています。

日光でフランス人女性が行方不明

 


image:栃木県警

 

フランス人女性が日光観光中に行方不明となっています。

ティフェンヌ・ベロンさん(36歳)です。

観光のため2018年7月27日に来日し、28日に日光へ向いました。

日光観光に出掛け、同日宿泊先に泊まる予定でしたが戻らないため、経営者が警察に相談をしたようです。

警察は日光市内を捜索しましたが手掛かりは見つかっていません。

顔写真の公開に踏み切り、情報提供を呼び掛けています。

 

Advertisement

 

こちらがティフェンヌ・ベロンさんの宿泊先です。

 

 

宿泊先を出たまま1週間以上行方が分からなくなっているそうです。

ティフェンヌ・ベロンさんが宿泊していた部屋には、パスポート、荷物が残ったままだったと言います。

 

Advertisement

 

ベロンさんはてんかんの持病あり

日光警察署が公開しているポスターです。

 

てんかんの持病もあり、一刻を争う状況

 

ティフェンヌ・ベロンさんは外出時は、小さなショルダーバッグを所持していたそうです。

恐らくてんかんの薬は持って出ているはずですが、万一持参し忘れていたり、周囲に誰もいないところで重い発作が起こって事故に見舞われている可能性も考えられます。

 

 

Advertisement

 

ティフェンヌ・ベロンさんのご友人筋の情報提供依頼

 

ティフェンヌ・ベロンさんのご友人筋からツイッター、フェイスブックで情報提供を求める拡散記事がありました。

切実な想いを述べられていますので、なんとか些細なことでも、情報提供をお願いします。

 

Si vous avez des connaissances au Japon, merci de diffuser largement cet avis de recherche : ma cousine Tiphaine Veron (36 ans) a disparu depuis le 29 juillet dans le secteur de Nikkô, proche de Tokyo, après le passage du typhon Jongdari. Merci de nous contacter si vous avez la moindre information à nous transmettre.

Please ❤ Help us to find my cousin, Tiphaine Veron, 36 yo french girl, green eyes missing since July, 29 while she is trekking around Tokyo (Nikkô), on the path of Typhoon Jongdari. Please contact us if you have any info about her 🙏Thank you so much.

出典:関係者Facebook

 

以下は意訳です。

確かに7月28日から29日は台風の影響が関東にありました。

ティフェンヌ・ベロンさんは宿泊先を29日午前10時に出発しているそうです。

もしかしたら、まだ風の影響を受けている可能性もあります。

 

私のいとこ、フランス人の女性のベロン・ティフェヌ・マリー・アリックス(36歳)が日光観光中、7月29日から行方不明になりました。

緑色の目の彼女は台風12号の中で歩いていました。

彼女についての情報があれば私達に連絡してください。

🙏ありがとうございます。

 

Advertisement

 

ご兄弟が来日

 

 

ティフェンヌ・ベロンさんのご兄弟が来日し、捜索への協力を訴えました。

ティフェンヌ・ベロンさんの兄はこのように語ります。

 

妹は日本は大好きで

文化や日常に惹かれて

日本を訪れました

 

Advertisement

 

スーツケースやパスポート、計画表も残されていたことを見せてくれました。

 

 

綿密な計画表についても明かしてくれました。

 

出発の2週間前にとても綿密な計画を建てていて

僕たちに話してくれました

やりたいことは全部リストアップしていたのです

 

Advertisement

 

ティフェンヌ・ベロンさんの弟はこのように語ります。

 

送ってきた写真とか動画をみると

幸せそうでした

自分からいなくなるなんて

とても考えられません

 

ティフェンヌ・ベロンさんの妹さんの悲痛な表情が辛いです。

 

諦めていません

生きていてきれると希望を持っています

見つけなければいけないんです

 

兄弟は報道に対して、切実に訴えています。

 

日本の皆さんの協力が必要です

姉を捜すのを手伝ってください

姉を見つけたいんです

 

Advertisement

 

計画表の場所を元に捜索が進められている

 

ティフェンヌ・ベロンさんが書いた計画表の通りに訪れているのかどうかは重要な参考となるでしょう。

ティフェンヌ・ベロンさんは日本にとても興味があり、関心を持っていたと言います。

とてもこの旅行を楽しみにして来日していたことでしょう。

日光市からスタートし、京都などを回る計画だったようです。

計画では日光東照宮を訪れることになっています。

 

 

日光東照宮からほど近い、日光山輪王寺を訪れることにもなっています。

 

 

3体の金の仏像があり、海外からも多くの観光客が拝顔に訪れます。

 

 

寺の常務部長はこのように話します。

 

外国人の方が毎日たくさんお見えになっていまして

今ヨーロッパ系の方も多いものですから

印象というと

なかなか難しい

 

多くの観光客が来るお寺では、もしすれ違っていたとしても特定の人物を覚えていることは至難ということですね。

 

Advertisement

 

他にもリストアップしていたのが、大杉神社です。

 

 

ここは観光客がおとずれることが少ないと言います。

人気があまり無い神社ゆえに、かえって誰も気づかないということかもしれません。

 

 

Advertisement

 

また日光東照宮からさほど遠くない、憾満ヶ淵にも訪れる計画になっていたようです。

 

 

ここには70体の地蔵があり、観光客もよく訪れます。

 

 

Advertisement

 

ここのすぐ背後には、激しい流れの川があります。

当時台風12号の影響で増水し、さらに激流となっていたことが想像できます。

もしこの川の岩場に近づいていたとしたら、流れに足をさらわれた可能性はあります。

 

 

この憾満ヶ淵の川の下流は、ティフェンヌ・ベロンさんが宿泊していた宿付近を通る川になっていました。

7月28日は台風12号の大雨で河川が増水していましたことから、この計画表の情報をもとに、憾満ヶ淵付近から流されたことも含めて捜索を進めています。

 

 

Advertisement

 

まとめ

 

事故・事件の両方の可能性があります。

林道などを風の影響下で歩いていたかもしれません。

まずできることは、日光市の方でティフェンヌ・ベロンさんらしき外国人がお店に立ち寄ったなどの情報が重要です。

ティフェンヌ・ベロンさんがどの方面に向かったかが絞りやすくなるためです。

些細な事でも良いのでなんとか思い出してみてください。

情報提供は日光署まで連絡を求めています。

0288-53-0110

どうかベロンさんが早く見つかりますように。

その後目撃情報があり集中捜索が開始しています。

 

ティフェンヌ・ベロンさんの憾満ヶ淵と鳴虫山大捜索の結果は?足取りと空白の1日が計画表やホテル宿泊一覧で判明。新情報からみえた事故と事件の可能性。

ベロンさんに目撃情報。鳴虫山で目撃、魔が差して台風の中で軽装のまま憾満ヶ淵から登山していたら危険。とうに72時間の壁は過ぎているが川の水で凌げていたら。

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

 

ニュースカテゴリの最新記事