Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【第三報】北海道が経験したことの無い震度6強地震。震度7の可能性も。厚真町の大規模土砂崩れ、怪我人などの情報をお伝えします。

【第三報】北海道が経験したことの無い震度6強地震。震度7の可能性も。厚真町の大規模土砂崩れ、怪我人などの情報をお伝えします。

11時時点の状況

 

午前11時時点で分かっている状況です。

 

死者:2人

怪我:106人

電話回線:固定電話約49000回線で通信障害

水道:安平町、厚真町など少なくとも16市町、約2000戸

停電:295万戸(数時間以内での復旧を目途) 北海道全土が停電となっている状況

 

各地で大きな被害が報告される中、特に厚真町の大規模土砂崩れはその揺れと被害の激しさを物語っています。

 

Advertisement

 

厚真町の大規模土砂崩れ

 

image:ワイドスクランブルより

 

厚真町で非常に大規模な土砂崩れがありました。

上画像のように、非常に広範囲の山肌が露出してしまっていることが分かります。

約30人が安否不明、住宅5棟が倒壊し9人が生き埋めになっていることが分かっています。

 

Advertisement

 

これが通常時の厚真町です。(Google Earth)

 

地震後の同じ地域です。

山肌が大きく露出してしまっていることが良くわかると思います。

image:ワイドスクランブルより

 

山裾にそって生えていた木が表層の土砂と一緒に流れ落ちた状況です。

急傾斜の山ではありませんが、ここ最近の台風や集中豪雨で地盤が緩んでいたところで揺れたために発生したことが考えられそうです。

 

現在、厚真町では必死に行方不明者の捜索を進めています。

image:ワイドスクランブルより

 

一人でも多く、住民の方が救助されることを祈るばかりです。

 

Advertisement

 

通信状況

 

 

携帯電話各社で北海道での通信障害を発表しています。

NTT東日本が北海道全域で公衆電話を無料で利用可能にすると発表しました。

また固定電話も繋がりづらい状況があるようです。

公衆電話は災害時でも繋がりやすくなっているそうです。

自宅に固定電話を持たない若い世代にとっては貴重な通信手段です。

便利さと、その便利さを奪われたときに一気に危機的状況に陥れられるリスクをはらんでいることをつい忘れがちです。

公衆電話が残っている意味を改めて再認識しました。

 

Advertisement

 

震度7の可能性

 

地震計を設置していない地域もあり測定しきれていないようです。

安平町、千歳町の一部で震度6強以上だった可能性もあるそうなので、震度7の地域があった可能性を示唆しています。

 

Advertisement

 

まとめ

 

北海道で初めての震度6強の地震は、十分な地震対策をする意識のはざまにやってきたとも言えます。

山肌が大きく露出した厚真町の土砂崩れも、自治体が地震災害を常に考えられれば、長引く雨による地盤の緩みを検証するアクションが前もって出来たのかもしれません。

地盤をどうすることが出来なくても、前もって警告を出すことはできたはずです。

今はとにかく、人命救助とライフラインの復旧が最優先ですが、次のアクションとして体制の見直しに着手していただきたいと思います。

 

関連記事を紹介させていただきます。

 

厚真町土砂崩れで亡くなった畑島武司・富子夫妻。開拓時代の面影旧畑島邸は人気のパン屋「此方」に。富山県への郷愁は「しあわせのパン」に転生し生き続ける。

苫東厚真発電所停止を契機に恐怖の北海道全域停電(ブラックアウト)。他の火力発電所を道連れにした原因は風力発電?泊原発?エネルギー政策の見直しも提起する。

厚真町土砂崩れで生かされた滝本天舞さん。妹の滝本舞樺(まいか)さんや家族の分も強く生き抜いて。地震は50年平和だった家屋を一瞬で押し潰した。

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

 

ニュースカテゴリの最新記事