Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

北村緑容疑者が神和商事で横領して建てたミッキーハウスは中までミッキーだらけでも三木市ちゃうで!同郷の社長を20年騙し続けたその額何と5億円!

北村緑容疑者が神和商事で横領して建てたミッキーハウスは中までミッキーだらけでも三木市ちゃうで!同郷の社長を20年騙し続けたその額何と5億円!

北村緑容疑者のミッキーハウス

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

2018年10月11日、北村緑容疑者(56歳)が株式会社神和商事の金300万円を横領したとして神戸地検に逮捕されています。

北村容疑者は兵庫県三木市在住。

子ども2人は成人し孫もいました。

会社では長く経理を任されていました。

 

しかし実際の横領額は300万円どころではありません。

社長によるとその総額は、実質5億円にのぼるそうです。

その5億円で高級ブランド品を買いあさっただけではありませんでした。

驚くべきことにミッキーハウスと呼ばれた「愛人との別宅」まで建築していました。

 

北村容疑者のその横領の実態と手口を記事にしていきます。

 

Advertisement

 

北村容疑者の横領の実態

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

被害にあったのは、兵庫県三木市の「株式会社神和商事」社長の神行武彦氏。

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

会社の金の横領額は5億円にのぼると主張しています。

まだ調査中なので判明していないものもあるそうですが、確実に買ったものだけでは3億だそうです。

北村容疑者は外食、自宅の新聞、電気代まで全部会社の経費で落としていたそうです。

トイレットペーパーから化粧品から、生活費の一切です。

もちろんそんな程度で5億円は使えませんよね。

 

Advertisement

 

以下は北村容疑者が買いあさった高級バッグ「ルイ・ヴィトン」や高級腕時計です。

ルイ・ヴィトンのバッグだけで2億円以上は使っているということです。

なんとその数、900個!

 

image:情報ライブミヤネ屋より

image:情報ライブミヤネ屋より

 

入社3年目にルイ・ヴィトンを1300万円分買っていたといいます。

北村容疑者は毎日ヴィトンのバッグを持って出社していたそうですが、高いものは持ってこなかったそうです。

そこは意識して怪しまれないようにしていたということでしょうか。

 

Advertisement

 

ルイ・ヴィトンの高級腕時計も36個購入しているそうです。

一番高いもので1000万円を超えるものがあるそうです。

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

 

image:情報ライブミヤネ屋より

腕18本あるらしいねん…

 

しゃ、社長、目が笑ってない、、ジョークが笑えないっす。

 

Advertisement

 

これは北村容疑者とプルシェンコとのツーショットです。

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

ルイ・ヴィトンのイベントにお得意様として呼ばれた際に撮影されたものということです。

上顧客しか呼ばない特別なイベントでしょうから、どれだけ購入していたかがわかる写真でもありますね。

 

Advertisement

 

 

また、北村容疑者は本来の自宅が三木市内にありますが、別宅として小野市に通称「ミッキーハウス」も建てていました。

(ミッキー好きだから三木市なのか否かは定かではありません)

 

image:ワイドスクランブルより

 

なんとミッキーハウスも、会社の金を横領して購入したものでした。

土地代が1200万円弱、家が2800万円、取得税、礼金、消費税もろもろ全部で4300万円以上になるだろうとのことです。

ここでは15歳年下の愛人と一緒にいたのではないかと見られています。

社長は「社員数人が愛人だった」とも話していますが…。

 

なぜミッキーハウスかというと…

 

外壁や駐車場にもミッキー。

 

image:情報ライブミヤネ屋より

image:情報ライブミヤネ屋より

 

Advertisement

 

インターホンにもミッキー。

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

室内の壁紙は全てミッキー。

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

カーテンにもミッキー。

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

このようにあからさまにミッキーだらけで近所からミッキーハウスと呼ばれていました。

家の中にもミッキーグッズで溢れていたそうです。

社長によると、これらのミッキーグッズも全て会社の金を横領して購入したものだといいます。

 

ここまでくると呆れて言葉が出てきません。

 

Advertisement

 

5億円横領の手口とは?

 

 

不思議なのは、なぜ5億円も横領されていても社長が気づかなかったのか、ということです。

給料以上に羽振りが良ければ気づきそうなものですが、北村容疑者は役員もやっており、年間1000万円の給与を与えていたそうです。

ヴィトンのバッグくらい持っていても、誰も怪しまなさそうです。

毎回とっかえひっかえするようなヘマもしていなかったようなのでそこは注意を払っていたのでしょう。

 

また手を出す金はこういったものに限られていたそうです。

 

・慰安旅行の積立金

・会社の積立金(定期預金)

・従業員が会社から借りた前払い給与の返済金

 

業務で動いている金では無かったために現場の人間には気づけなかったということのようです。

あえてこうした判明しにくい金にだけ手を出していたという手口からして、かなり慣れきっていたことがうかがえますね。

それにしても社員が楽しみにしていた慰安旅行の積立金を横領しておいて、何知らぬ顔で自分も旅行していたということですよね?

いったいどういう神経ならそんなことができるのやら。

 

Advertisement

 

発覚までの経緯

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

数年前までは経理は社長の奥様がやられていたそうです。

奥様が亡くなられてからは、北村容疑者に任せっきりになっていました。

ある時に息子さんのお嫁さんが経理補佐として手伝うことになり伝票をみたところ、経理の専門知識が無くても2日でおかしいと感じたそうです。

社長が「毎日2回外食をしている」ことになっていたそうですが、実際はほとんどが自宅で家族と食事しており、週に2、3回程度しか外食していなかったそうです。

社長の外食費として計上したお金をかすめ取っていたということですね。

 

また、社長のご子息がおそらく会社の帳簿をみられたのでしょう、このように聞いてきたそうです。

 

ルンバ買った?

 

社長はもちろん買っていないので、わからないと答えました。

なんと北村容疑者はルンバまで経費で落としていたのです。

 

Advertisement

 

そのルンバはどこに発送されていたのかを履歴で確かめたところ、ある住所が判明しました。

その住所をGoogleマップで確かめたところ…

壁面に大きなミッキーマウスの絵!

そこが噂の「ミッキーハウス」だったのです!

どうやら「ミッキーハウス」というミッキーだらけの家があることは近隣でも有名だったようですが、北村容疑者とは結び付いていなかったみたいです。

このルンバ事件がきっかけで、

 

ミッキー好きの北村容疑者

 → ルンバの送り先がミッキーハウス

 → ということはミッキーハウスは北村容疑者のもの!?ってか自宅あるだろ?

 

どうも報道を整理する限りだと、こんな経緯で北村容疑者が横領している証拠を掴んだということのようです。

 

Advertisement

 

20年も横領し続けられた原因は?

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

会社の年商は20億円から25億円と、従業員数40名という規模からみればかなりカネ回りの良い会社のようです。

こうした地方の羽振りの良い個人商店のような会社にはありがちな、ザル感が大きな原因でしょう。

 

社長は北村容疑者を信頼しきっていたということです。

家も近所、同じ町内で産まれて、同じ町内で嫁いでいるもの同士。

子どものころから知っていたからこそ、信頼せざるを得なかったといいます。

5年前に社長の妻が他界して以降は北村容疑者に経理をまかせっきりでした。

当初は小切手に自分で一つ一つ印鑑を押していましたが、だんだん面倒くさくなり、北村容疑者に印鑑を渡して「押しておけ」となったといいます。

印鑑を握ったことで、5年前から横領が激しくなり、ついにはミッキーハウスまで建ててしまったということでしょう。

 

Advertisement

 

北村容疑者は「口が達者」だったそうです。

帳簿の内容について他の社員から質問があっても、口八丁で誤魔化して悟らせないようにしていたのかもしれませんね。

社長の信頼が厚く、会社の役員も兼務しているとなると、他の社員も「そういうものか」と納得せざるを得なかったのかもしれません。

また、経理は2人体制だったようですが、北村容疑者の他のサブの経理も共犯だったことが分かりました。

2人体制だった故に、会社も安心して任せていたというところも大きいでしょうね。

まさか2人で共謀して横領するなんて…社長も思っても見なかったはずです。

信じ切っていたことでしょう。

 

会社のトップである社長の性格というか、体質が、北村容疑者につけ入るすきを与え続けていたわけです。

社長はほんとうに、人のいいオジサンなんだろうと思います。

そんな人を20年も騙して悪いやっちゃで!

 

Advertisement

 

横領された金は取り戻せる?

 

image:情報ライブミヤネ屋より

 

「株式会社神和商事」に入社したのは20年前の1998年ごろ。

そのころから経理を任されていました。

当時は社長の妻と一緒に担当していたのでしょう。

2017年12月に横領が発覚します。

この事件をきっかけと思われますが、2018年2月に夫と離婚し、4月には自己破産申請をしました。

自己破産の後、会社の顧問弁護士や破産管財人から調査のため追及を受け、様々な横領が明るみになりました。

そして10月末に再逮捕。

2014年から去年の間に7回、小切手などで約2500万円を横領した容疑です。

 

Advertisement

 

自己破産をしてしまうということは、あらゆる資産を差し押さえられているということでしょう。

購入した高級品は管財人を通して処分し、金額としては1/10になってしまったけれども、その程度は回収できているそうです。

ミッキーハウスも差し押さえていますが、かなり特殊な物件(事故物件?)なので果たしてどの程度で売れるのかは疑問です。

ただし不法行為で負債を負わせた場合、自己破産をしてもその責任は消えないそうです。

 

Advertisement

 

まとめ

 

犯行が20年前からということで、時効が成立してしまっている分もあるそうで、信頼を裏切られたことを含めて社長にすれば本当に「ふざけんなよ」という気持ちでしょうね。

当然ながらかなりの立腹なので、今後何年でも掛けて、あらゆる方法を尽くして可能な限り返却していくことになるのかもしれません。

しかし「同郷だから信用した」という社長のこと、もうこれ以上払えません…と泣きつかれたら、そこで手打ちにするのかもしれません。

しかし20年もたっぷりとオイシイ思いをしたわけなので、出来る限りしっかりと罪を償っていただきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

クレジットカード番号や暗証番号の盗み取りが急増!スキミングからsagawa.apkのようなウイルス感染型などフィッシング詐欺にシフトしているので要注意!

逮捕された振り込め詐欺グループの佐藤麻衣容疑者の人相が怖すぎる。とにかく詐欺グループを一網打尽にしていただきたい!

地面師って何だ!?カミンスカス操(小山操)、羽毛田正美ら8人が逮捕。配役や偽造パスポートを用意する詐欺の手法と見破る方法は?弁護士の正体とは?

ニュースカテゴリの最新記事