Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヤン・ジンホのビンタを食らう家来同然の社員たちと暴力の実態とは!?変態パワハラで鶏を殺させる異常行動の果ての凋落。

ヤン・ジンホのビンタを食らう家来同然の社員たちと暴力の実態とは!?変態パワハラで鶏を殺させる異常行動の果ての凋落。

韓国IT業界の王

 

image:モーニングショーより

 

韓国IT業界の王とうたわれた男がいました。

その名はヤン・ジンホ。

韓国未来技術という企業の会長です。

そんなIT業界の王が社員へビンタを食らわす映像とともにパワハラ告発。

鶏を殺させられるなど、変態的なパワハラに付き合わされる家来同然の社員たち。

その暴力の告発映像とともにさらなるショッキングな事実も明るみになりました。

 

Advertisement

 

ヤン・ジンホの強烈パワハラ

 

image:モーニングショーより

 

ヤン・ジンホ。

韓国では知らぬ者がいないほど有名なIT会社・韓国未来技術という企業の会長です。

元はアダルト動画を配信するベンチャー企業で財を成した男です。

今ではロボット産業にも進出している、IT業界のホープでした。

最新のロボットは全長4m。

 

image:モーニングショーより

 

人が乗り込むタイプで、操縦士の手の動きにあわせてロボットの手を動かせます。

そのまま二足歩行まで実現していました。

これは2018年に取材されたころ、ロボットなどを紹介する際の現役バリバリだったヤン会長の姿です。

 

image:モーニングショーより

 

ジャケットをさらっと着こなして、IT企業を引っ張ってるオーラをむんむんに出しまくっています。

 

Advertisement

 

こんな笑顔を見せていたヤン会長がまさかのパワハラ、暴力で告発されてしまいました。

以下はパワハラ告発動画は2015年4月に撮影されたもので、ヤン会長が暴力を振るう一連のシーンです。

 

 

足早にオフィスの廊下を歩く2人の男性。

 

image:モーニングショーより

 

一人はヤン・ジンホです。

もう一人の黒服は恐らく元男性社員の上司か、ヤン・ジンホの側近でしょう。

被害者となったのは、この会社を退職したある元男性社員でした。

ヤン会長に呼び出された元男性社員をその場で立たせ、説教を始めました。

 

image:モーニングショーより

お前が何をしたか

わかってないのか

このガキが!

 

そう言っていきなりの強烈ビンタです。

バチーン!!

 

image:モーニングショーより

 

Advertisement

 

凄まじい音が、静かなオフィスに鳴り響きました。

元男性社員の頭が強制的に反対側へ飛ばされるほどの勢いです。

殴ったあとのヤン会長の顔をみれば、怒り心頭なことは誰の目にも明らかです。

 

image:モーニングショーより

なめてるのか?

 

詰め寄るヤン会長。

さすがにちょっとと思ったのか、側近と思われるスーツの男性が止めに入ります。

しかし静止を聞かずなおも元男性社員に詰め寄ります。

 

お前が俺をけなすとは

どういうことだ

馬鹿にしているのか?

 

image:モーニングショーより

 

ガスッ!

今度は裏拳で一発。

 

Advertisement

 

この××野郎が

この会長様に悪口を言ったのか

 

××野郎は報道規制がかかるほどの暴言ですから、恐らくあの言葉でしょう。

床を指さし、土下座を強要します。

 

image:モーニングショーより

ちゃんと謝罪しろ

生きたければきちんと謝れ

心から伝わるように

ぶっ殺すぞ

 

元男性社員は、すっかり縮み上がり、おずおずと土下座をしか細い声で謝罪の言葉を述べます。

 

image:モーニングショーより

申し訳ございません…

 

 

image:モーニングショーより

バチン!

土下座する元男性社員の後頭部めがけて、真上から掌底のような張り手を食らわせました。

 

きちんとしろ!

大きい声で!

 

Advertisement

 

映像はぼかされていますが、元男性社員の顔は真っ赤になっていることが分かります。

既に緊張と恐怖で泣いているようです。

 

申し訳ございません、会長…

 

そこまで謝罪をさせて、ヤン会長はやっと暴力の手を止めました。

しかし地獄はまだ終わっていませんでした。

 

image:モーニングショーより

何様だお前?

ちゃんとしゃべれよ!

顔あげろ!

なんでこんなことしたんだ?

泣いてるのか?

××野郎!

おい

自分で責任を取れないくせに

泣いているのか?

 

汚い言葉を使ってさらに追い詰めていきます。

 

申し訳ございません…

 

もう一度、か細い声で謝罪する元男性社員。

しかし、徹底的に追い詰めるように続けます。

 

Advertisement

 

 

申し訳ないで済む問題か?

責任とれよ

さっきちゃんと謝れと言っただろ?

チャンスをやったのに

お前が拒否したんだ

お前、自分の最高の上司を

あんな言い方するんだな

酒飲んでたのか?

 

元男性社員は飲酒について小さく否定します。

 

image:モーニングショーより

酔ってもないのに

なんでこんなことしたんだ?

じゃあ死ねよ

××野郎!

 

最期まで汚く罵り、目もあわせずに去っていきました。

ここで元男性社員はやっと地獄から解放されたのです。

 

 

Advertisement

 

 

ヤン会長は、すぐそばでは仕事をしている社員がいるにも関わらず、お構いなしで3分近い間、暴力と暴言を振るい続けました。

周囲の社員も恐らく恐怖で振り返ることすらできず、ただモニターを見つめて仕事をしていることしかできない、という様子でした。

 

このパワハラ動画がテレビで公開されると、韓国国民は大激怒。

ヤン・ジンホ会長は、会長から退くべしと、マスメディアと一緒になって袋叩きにされました。

この辺りの構図は2018年に日本にも吹き荒れたパワハラ告発と変わりませんね。

 

Advertisement

 

暴力の原因は?

 

 

社内の掲示板のある書き込みが原因でした。

この男性社員は、韓国未来技術を退職していました。

退職後にヤン・ジンホというニックネームを使い、会社のネット掲示板に書き込みをしたそうです。

推測ですが、退職後にもアカウントが残っていたことで社外からアクセスできた社員用掲示板ではないでしょうか。

ヤン・ジンホをかたる、つまりは本人を詐称して書き込みをしたわけです。

 

誠実に働けば

給料を上げてやる

下の人間にもリーダーシップのある行動をして欲しい

 

といった内容の書き込みをしたそうです。

いったいどういう意図をもって行ったのかは分かりませんが、これを読む限りでは、ヤン会長の名誉を損なう内容とも思えません。

 

お前が俺をけなすとは

 

ヤン会長はそのように恫喝していました。

この書き込みの内容というより、詐称をしたこと自体で侮辱されたと感じ、ぶち切れたと考えるのが自然な気がします。

 

Advertisement

 

元男性社員の言い分

 

 

暴力を受けた元男性社員は、報道のインタビューに応じてこのように話しています。

 

訳が分からないまま

突然私のことを殴ったのです

書き込んだだけでここまでことが大きくなるとは

思ってもいませんでした

怖かったです

彼は財力もありますから

怒りを感じる

人生を大きく変えてしまった

ITという仕事を楽しめなければいけないのに

トラウマになってしまって

 

元男性社員は恐怖から、IT業界を離れ、周囲との連絡を絶ち隠れるように生活をしていると言います。

恐らく「殺すぞ」などの言葉で、お前の生命くらいどうとでもできるぞ、というメッセージを受け取ってしまったのかもしれません。

ヤン会長にそこまでの意思は無かったとしても、権力者に言われると弱者の脳には全てが現実として書き込まれてしまいます。

 

Advertisement

 

この元男性社員については、ひどい暴力と暴言でトラウマになり気の毒だとは思います。

ただし退職、現職に関わらず、勝手に他人の名前を詐称して掲示板に書き込む行為はいけませんね。

これはヤン会長ではなくても怒るでしょう。

本人は「悪戯のつもり」と話しているようです。

この元男性社員が退職後という点から、給与面でひと悶着があったとすれば、ヤン会長に対する当てつけのように受け取られてもおかしくはないでしょう。

 

ITという仕事を楽しめなければいけないのに

 

という言葉に、いまだに勘違いをしているふしも見受けられます。

その点で咎を受けることについては、身から出た錆なので庇う気にはなりません。

 

Advertisement

 

例えば日本でも、コンビニのアイス保冷庫に入るなどしてバカ騒ぎする姿をツイッターに投稿して、店舗が閉店に追い込まれるような通称「バカッター事件」が相次いだことがありました。

悪戯のつもりで動画投稿したひとは、店側へ莫大な損害賠償を支払うことになりました。

これと似ていて、自分では些細な事だと思ったことの裁きが何倍にもなって跳ね返ってくることなんて、結構あることですよね。

 

Advertisement

 

映像の不可解な点とヤン会長の猟奇趣味

 

image:モーニングショーより

 

公開された映像には不可解な点がありました。

元男性社員のもとへ歩み寄る後ろ姿から、動画が撮影されています。

まるで何が起こるかを知っていたかのようです。

そしてヤン会長が暴力を振るっている間はずっと真横から撮影をしているため、誰かがこっそりと告発のために隠し撮りをしたようにも見えません。

そもそも告発のためなら、今さら2015年の映像が出てくる理由が分かりません。

もちろん、オフィスの防犯カメラのアングルでもありえません。

ではいったいこの映像はどうやって撮ったのでしょうか?

 

Advertisement

 

恐ろしいことに、会社のとある役員がカメラマンとなって、ヤン会長の暴力シーンを撮影させられていたそうです。

理由はヤン会長の「記念品」ということです。

 

パワハラで暴力を振るった姿を、まるで自身の武勇伝かのように自ら撮影させていたというわけですから、驚愕の変態趣味としかいいようがありませんね。

そうしたそれまでのパワハラ動画を記念に保管して持っていたそうです。

自身の権力の象徴を記念品として持ち帰り、ニヤニヤしながら悦に入って眺めていた姿を思い浮かべてみてください。

気持ち悪いの一言ですよね。

 

Advertisement

 

また、わざわざ退職後の社員をオフィスの中央まで呼び出して、暴力を振るうという行為には、他の社員に対する見せしめの意味があったのでしょう。

他の奴らもよくみておけ、というまるでマフィアのような意思表示です。

 

しかし結果的には、警察の捜査でこの動画が全て押収され、証拠物品となったに違いありませんね。

自らの悪事の証拠を、自らで残させていたという愚かしさです。

 

Advertisement

 

変態パワハラは他にも!

 

image:モーニングショーより

 

変態パワハラは他にもあります。

社員に生きている鶏を弓矢で射殺させている動画も見つかっています。

また日本刀で鶏を殺すように命令する動画も見つかっています。

上から斬るか、下から斬るかなど、細かい指導まで受けていました。

 

image:モーニングショーより

 

Advertisement

 

さらには、中年の社員たちが赤や緑の髪に染めさせられていたことも分かっています。

 

image:モーニングショーより

 

髪を染めさせられた元社員はこのように語ります。

 

やれというからやったんですよ

レバーを食べた時に

レバーの色がいいからその色に染めてよ

と言われました

拒否できないですよね

人事権を持っているオーナーなので

彼は皇帝のような存在だった

あの会社はヤン会長の王国だ

 

そんな悪態をついていますが、画像ではヤン会長と一緒に食事をとり、表情こそぼかされていますが、まんざらでもない様子にもみえます。

この社員たちは、ヤン会長が逮捕されたからこう言っていますが、恐らく媚びへつらっていた取り巻きなのではないでしょうか。

その変態パワハラに付き合うことで、ヤン会長の暴力の対象となり退職に追い込まれることから逃れていた側面があるのではないでしょうか。

警察はヤン会長をこうしたパワハラや暴力の疑いで捜査しています。

 

Advertisement

 

ヤン会長の謝罪文

ヤン会長は告発後、以下のような謝罪文を発表しています。

※以下は抜粋版です。

 

会社組織をうまく動かしていかなければならない

そういう考えから

おこしてしまいました

その過ちを悔いております

私は会長などの職からすぐに退き

会社の運営から手を引き

今後も役員、職員に対して

影響を与えうる

あらゆる役職にもつきません

 

Advertisement

 

このように述べています。

パワハラ、暴力が組織運営に必要という理由は全く論理性に欠ける回答です。

こういう論理性が欠けている人間が組織のトップに居てはいけないように思います。

経営手腕があっても、口から出るのは後付けの言い訳ばかり。

人を導くための論理性、納得性が無い人間性をよく表しています。

これは全てから退くことは正しい判断でしょう。

ヤン会長は訴えられて以降、沈黙を貫き、マスメディアの取材にも応じなくなったそうです。

韓国で大々的にバッシングを受けた人物は、日本以上に徹底的に叩かれてボロボロにされると聞きます。

家に火を付けられるような事案もあるそうです。

弁護士から

 

全てを放棄してほとぼりが冷めるまで静かにしないと身の危険があります

 

くらいに言われているのではないでしょうか。

 

Advertisement

 

事件の本質は?

 

 

この事件の本質には、韓国の労働環境が関係しています。

韓国は日本よりも遥かにパワハラが多いといいます。

その理由は、日本よりも社会保障制度が整っておらず、労働組合の立場が弱いため、雇用者と従業員は「王様と家来」のような立場になりがちだそうです。

しかし「王様と家来」ならきちんとした政治を行う王であれば問題は起こらないはずです。

この映像をみる限りは、「王様と家来」というよりは「暴君と小市民」と言ったほうが相応しいような気もしてきます。

 

Advertisement

 

また2018年5月における韓国の若年層(15歳~29歳)の失業率はなんと10.5%と、統計開始以来最悪を記録するほどです。

若者にとって、圧倒的に買手市場となっている状況では、会社の言いなりになりやすいということです。

韓国の若者はIT技術が高い上に英語が堪能な人材も多いため、日本企業に就職するひとも多いとききますが、その背景にはこうした過酷な労働環境があるのかもしれませんね。

 

Advertisement

 

まとめ

 

変態的なパワハラで社員を恐怖で支配したヤン・ジンホ。

本当にもう二度と世に出てこないのでしょうか。

 

僕は違うと推測しています。

日本のとあるIT社長は、逮捕・懲役後にもしぶとく起業し、宇宙産業に進出するなどさらなる繁栄を築きあげています。

またネットビジネスで大金持ちになったとある社長は、経営破綻した後にもしぶとく這い上がり新たな繁栄を築きました。

言葉は悪いですが、才覚とゴキブリ並みに強い体力、精神力で、何があっても這い上がってくるひとがいます。

このヤン・ジンホという人物。

アダルト動画で財を成して、ロボット産業に手を出すという指向が、日本のそういうしぶとい社長たちに共通しているような気がするので、いずれまた世間にひょっこりと名を馳せる日が来そうな予感がします。

残念ながら「癖」(へき)はそう簡単には変わりませんが、表に出す人間性が少しでも改善されていればいいのですが。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

ゴーン会長が過少申告で逮捕!自らの報酬を億単位で誤魔化していた金融商品取引法違反の疑い。日産はこのピンチをどう乗り切る?

名古屋経済大学高蔵高校の酒井弘樹氏が野球部員に暴行!バット持ってこいと命令まで。その経緯と理由とは?身勝手な理由が明らかに。

韓国で元徴用工の損害賠償請求を認める判決!新日鉄住金は支払い拒否すれば財産差し押さえの可能性も!?日韓請求権協定を反故にした韓国政府とどう向き合う?

チェ・ホソン(崔虎星)の雑草魂を知るとフィッシャーマンズ・スウィングが逆にカッコよく思えた!破天荒人生とスイングに込めた想いをフルラウンドでまとめ。

ニュースカテゴリの最新記事