Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

動かすアウトと書かれたサリンの段ボールを回収。スリランカの自爆テロとの関連性は?絶対に許してはならない!

動かすアウトと書かれたサリンの段ボールを回収。スリランカの自爆テロとの関連性は?絶対に許してはならない!

「動かすアウト」


image:グッド!モーニングより

 

2019年4月25日、宮崎県宮崎市花山手西1丁目の市道で、住民が不審な段ボールをみつけ警察に通報しました。

縦30センチ、横40センチ、高さ20センチというさほど大きくもない段ボールですが…

 

25日午前9時半ごろ、宮崎市花山手西1丁目の市道に不審な段ボールがあると、付近の住民から交番に通報があった。宮崎県警の機動隊が道路脇にあった段ボール1個(縦30センチ、横40センチ、高さ20センチ)の上部に「サリン」と書いた紙片が貼られているのを確認。午前11時半ごろ、回収した。

出典:朝日新聞DIGITAL

 

Advertisement

 

なんと「サリン」と書かれた白い紙が貼られ、「動かすアウト」とマーカーで書かれていました。

悪戯だとすれば悪質と言わざるを得ません。

こちらがその実物の画像になります。

 


image:グッド!モーニングより

 

赤丸のところに「動かすアウト」を記載されていることが分かります。

 


image:グッド!モーニングより

 

防護服を着た機動隊が段ボールを回収し確認したところ、中には袋に入った液体がみつかったそうです。

住民に健康被害はなく、警察が成分を調べています。

液体は無色透明で無臭とのことですが、サリンというものは「塩酸の臭いに腐卵臭が加わった臭い」がすると言われているので、単なる悪戯の可能性は高いように思います。

 

Advertisement

スリランカの自爆テロの直後

誰がいったい何の目的でやったことなのかは指紋などを元に捜査が行われていると思いますが、いかに幼稚とはいえ、こうした手口が都会のいたるところで行われたとしたら本当のテロ事件との区別がつかなくなり、大混乱をきたすでしょう。

そうした混乱に乗じて、強盗などがはびこることも考えられます。

テロ事件のあとには必ずと言っていいほど愉快犯が現れるそうですが、今回も時期的にはスリランカの自爆テロの直後です。

日本人も亡くなられている悲惨な事件です。

愉快犯だとすれば徹底的に捜索し、犯人には厳罰を与えなければならないでしょう。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

安田純平はジャーナリストの潮時か?彼が抱える自己責任論と自己矛盾とは?ご都合主義に陥っているジャーナリズムを考えてみた。

オウム真理教の松本智津夫死刑囚(麻原彰晃)他の死刑執行。13名全員極刑となる。サリン事件を起こした罪は重いが、死刑制度廃止に動く世界の評価に注目していきたい。

松本智津夫(麻原彰晃)は聡香と口にし死刑。遺体火葬後の遺骨は四女に渡る?信者さんらへ、の全文と三女麗華の要求書を分析する。アレフでの神格化は回避すべき。

ニュースカテゴリの最新記事