Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

西日本豪雨で被災した旭酒造。10億の被害ながら獺祭 島耕作の売上1億1600万円を義援金で寄付!拍手!残り5億8000万円で少しは補填できればいいけれど。

西日本豪雨で被災した旭酒造。10億の被害ながら獺祭 島耕作の売上1億1600万円を義援金で寄付!拍手!残り5億8000万円で少しは補填できればいいけれど。

獺祭 島耕作は完売

 

 

2018年8月10日より販売を開始した「獺祭 島耕作」。

被災した蔵にあった様々な種類の獺祭の「獺祭クオリティに満たない状態」のお酒です。

それでも十分に美味しいお酒のため、島耕作のラベルを貼り、一本1200円で販売することになりました。

1200円のうち、200円が義援金として被災地に送られることになっていました。

 

公式ページで予約販売をしたところ、半月ほどであっという間に完売してしまいました。

やはり転売が起こっており、残念なことになりましたが…その問題については前回の記事で詳しく書きましたので、この記事の最下部のリンクから是非ご覧ください。

 

Advertisement

 

売上の一部を義援金で寄付!

 

さて、実績はというと…

58万本を売り上げたということです!

金額は非公開のようですが、売上の一部1億1600万円を被災地に義援金として送ったそうです。

素晴らしい!

下衆いようですがだいたいで計算してみると、1200円 x 580000本 = 6億9600万円を売り上げたんですね。

そうすると、5億8000万円は旭酒造さんの売り上げとして残ったわけです。

そこからもろもろ差し引いていくらが残るのかは分かりませんが、パッケージなどは最低限のものでしたので、通常の獺祭よりは安価に発送出来ているはずです。

 

Advertisement

 

ちなみにこれが届いた獺祭 島耕作の収納の図。

個包装はなく段ボールに割と無造作に入って届きました。

なお試飲したれびゅーは前回記事をご覧くださいね。

 

旭酒造さんの被災による被害額は10億円程度だったらしいので、半分くらいは回収できたのかしら?

いや待て、この被害額には本来通常の獺祭として販売するはずだった被災酒の被害額は含まれていないのかもしれないので、そうなるとほとんど回収は出来ていないのかもしれませんね。

少しでも旭酒造さんの被害の補填ができていたらいいんですが。

 

Advertisement

 

まとめ

 

 

義援金が送られた被災地は岡山、広島、愛媛、山口の4県だそうです。

旭酒造さんの被災地への想いがいっぱい詰まった獺祭 島耕作。

まだ残っているので、すこしずつ楽しもうと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

【開封レビュー】獺祭 島耕作を試飲!美味しいぞ。32400円の磨きその先へだったのか?完売でも復興支援の想いを踏みにじる転売ヤーから買ってはいけない。

獺祭島耕作が発売!価格は1200円。被災酒の獺祭を買って旭酒造を救おう。旭酒造と弘兼憲史氏がコラボで支援。被災地にも義援金が入ります。

獺祭の旭酒造が被災。本社蔵が浸水し製造中止です。出荷までに2か月~3か月かかる間に悪徳業者がプレミアム価格で販売するものには絶対に手を出さないで!

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

 

食と酒カテゴリの最新記事