Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

HPのSPECTREでスリープ後にマウスが動かなくなる!Bluetoothのせい?パソコンの問題?意外な解決方法に。

HPのSPECTREでスリープ後にマウスが動かなくなる!Bluetoothのせい?パソコンの問題?意外な解決方法に。

スリープから復旧後にマウスカーソルが動かなくなる事象が発生!

 

 

Windows10 でWindowsアップデートを行った直後から、Bluetoothマウスの接続が切れる事象が起こっていました。

異常動作は、パソコンをスリープさせ、次回復旧させると、マウスカーソルが動かないというものです。

“設定>Bluetoothとその他のデバイス>Bluetooth” のトグルをいったん【オフ】にし再度【オン】にして「接続済み」になるとマウスカーソルが動き出します。

毎回その操作で再接続しないとマウスがつかえず、すっごい不便でした。

Windowsアップデートの時期は2018年4月でしたので、4月前後ので発生しているものと思います。

(自動アップデート切ってるので。。)

その前まではスリープから復旧後もすぐにカーソルは動き出していました。

なお、パソコンはHPの「SPECTRE360」、マウスはエレコムの「M-BT13BL」の組み合わせです。

 

今回の対応手順は、結果的にBleutoothドライバーの再インストールという結果で解決します。

ですが同じような事象でも異なる対応方法で直る場合についても解決手順を記載していますので、良かったら上から読んでいってもらえると嬉しいです。

 

 

まずはじめに確認した状況

 

 

“設定>Bluetoothとその他のデバイス>マウス、キーボード、ペン” の「ELECOM Laser Mause」は「接続済み」になっています。

つまりペアリングだけではなくマウスとの接続が完了しているとパソコン側では認識しているとうことになります。

“デバイスマネージャー>Bluetooth” の「ELECOM Laser Mause」は “正常に動作” していました。

不思議な動作も確認できています。

ネット接続しているWiFiをいったん切断して、再接続するとマウスカーソルが動き出すことがあります。

これは毎回ではなく、WiFiを再接続してもカーソルが動かないこともあります。

なお、他のパソコン(Windows8.1 )では正常に動作していました。

つまりマウスの異常とは言いにくいのかなと思います。

 

Advertisement

 

 

まず簡単に試せること

 

 

再ペアリング

“設定>Bluetoothとその他のデバイス>マウス、キーボード、ペン”

「ELECOM Laser Mause」で【デバイスの削除】をし、再ペアリングを試しましたが、直りませんでした。

これは数回実施してみましたが同じでした。

 

電池の交換

電池は単4電池二本です。

本来減ってくるとランプが点滅するのでわかりますが、念のため新しいものに交換してみました。

それでも直りませんでした。

 

Advertisement

 

Windows10の有難迷惑機能「自動電源供給オフ」を切る

 

 

さてこうなるとネットの先生方に頼るしかありません。

調べてみたところ、Windows10にはなかなか有難迷惑(笑)な機能が備わっていました。

一定時間マウスを使っていないと、パソコン側でBluetoothへの電力供給を止めてしまうという機能です。

しかも標準でオンになっているんです。

Bluetoothでこの機能を解除することで解決できるという記事を多く見つけました。

設定の場所はここです。

 

デバイスマネージャー>Bluetooth>対象機器のドライバーのプロパティ>

“電源の管理” タブ” >「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」

 

これを解除すれば直るということです。

これだーーー!

と思い、「ELECOM Laser Mause」のプロパティ を開いたところ、なんと “電源の管理” タブがありません。

ちょっと調べてみると、こんな記事がみつかりました。

 

 

Bluetoothドライバーの “集まり” には「インテル(R) ワイヤレス Bluetoth(R) 」もあります。

このプロパティには “電源の管理” タブがありました。

どうやらこの節電機能を、他のドライバーに任せている場合と、マウスドライバーそのもので備えている場合があるようです。

この記事ではダイナブックでしたが、事象としては似ていたので、こちらでチェックを解除してみました。

 

しかし残念。

これでも直りません。

念のため再起動もしてみましたが直りませんでした。

 

そこで他にもBluetooth関連で “電源の管理” タブがあるドライバーを探してみたところ、「ヒューマンインタフェースデバイス」の中に “Bluetooth 低エネルギー GATT 対応 HID デバイス” という、Bluetoothドライバーの “集まり” とは違う場所にもみつけました。

ちょっと調べてみると、こんな記事をみつけましたので参考にシェアさせていただきますね。

 

Bluetoothマウスが頻繁に切断される、Bluetoothマウスのペアリングが頻繁に切れる問題の解決方法

 

こちらはLenovoでも起こっているようです。

状況としては同じと思いましたので、このドライバーの “電源の管理” タブでチェックを解除してみました。

しかし残念ながら…

この手順でも直りませんでした(T T)

今回の事象って、この一連の “電源の管理”のタブでチェックを解除する手順で直ることがほとんどのようなんですよ。

うーんんんん!

手づまり感。

 

Advertisement

 

エレコム社へ問い合わせてみた

 

 

Windows8.1のパソコンでは動作していたので関係ないとは思いましたが、念のためエレコム社のWebサイトから問い合わせてみました。

エレコムのサポートって、こんな感じでチャット形式でやり取りができるようになっているんですね。

 

 

基本はチャート式に状況から対応方法へ誘導されるようになっています。

それでも直らない場合は10:00~19:00 の間なら、サポート担当の方と直接チャットでやり取りすることができるようになっています。

2018年4月時点では試験運用中と書いてありましたが、きちんと機能しているようでした。

こちらの状況を詳しく伝えることで対応してくれます。

画像では見切れていますが、こちらで確認済みの状況をどんどん書いていきます。

その結果を持って、先方で検討をしてから回答をもらいます。

 

初めの答えは、

「パソコン側のBluetooth機能が異常と思われるため、メーカへお問い合わせください」

というものでした。

そうなのか?

それはおかしい。

Bluetoothのヘッドホンは、スリープ後もきちんと再接続しているのだから。

パソコン側の再接続する機能がおかしければ全てのデバイスが再接続されないはず。

そのことを指摘すると、次の回答はあっさりこうなりました。

「マウスを交換させてください」

もうねを上げてしまったか。。

 

ところがここでちょっと困ったことが。

交換のマウスが在庫無しで、何と出荷可能時期は5月末(!)※今は4月

Amazonでは同じマウスが2~3日で出荷可能となっているではないか。

ふむ…メーカといっても、考えてみればそういうものなのでしょうね。

次期モデルを短いスパンでどんどん発売しているような会社なわけで、旧生産分は卸しきって在庫をなるたけ持ちたくないんだろうと推察いたしました。

 

返金対応も可能ということだけど、当時Amazonで購入した額よりかなり値段が上がってしまっています。

僕が欲しいブルーだけやたらに高値になっているところをみると、ブルーに人気が集中しているんだろうなと。

さて、どうしたものか?

 

Advertisement

 

検索方法を変えてみたらやっと答えに辿り着いた!

 

 

これまで、【Windows10 Windowsアップデート Bluetooth 不具合】とか【エレコム Bluetooth 不具合】のような検索キーで調べていました。

ダメ元で検索キーを【SPECTRE WindowsUpdate】にしてみたところ、価格.comのスレに答えがありました。

なんと、HPの公式ツイッターに対応手順があるとのこと。。

そのツイート、たったこれだけです。

見つけるのに一苦労しました。

 

 

リンク先の「突然 Bluetooth が認識/機能しなくなった」というPDFファイルに、Intel 社のドライバーサイトから、最新バージョンの Bluetooth ドライバーをダウンロードしてインストールするという手順が記載されていました。

 

こちらがHPが提供しているPDFの直リンクです。

 

 

この手順でやっと直りました。

今回の事象は、WindowsアップデートでBluetoothドライバーが異常をきたしていたという状況だったようです。

マウスドライバー「ELECOM Laser Mause」は「接続済み」になっておりパソコン側からマウス側へ接続できていたことと、他のBluetoothデバイス(ヘッドホン)が正常に再接続できていたために、パソコン側の問題を除外してしまっていたのが盲点でした。

価格.comのスレ主の事象ともちょっと違っていたし、PDFにも「Windows Update 適用後に発生することが多いようですが」と書いてある通り100%起こらないみたいです。

これも、パソコン側の問題と気づきづらい要素でしたね。

もしかしたら、SPECTRE + Windowsアップデート + 特定のマウス みたいなレア条件でしか起こらない事象だったのかもしれません。

 

Advertisement

 

まとめ

 

エレコムのサポートさんには丁重にお礼を伝えて終了してもらいました。

可能性の低い場合でも調べてみるのは大切だと改めて勉強になりました。

 

それにしても、HPがトラブルの対応方法をツイッターだけで告知してるのには参りましたよ~。

公式Webトラブル対応検索はヒットしないし、超がつくくらい見づらいですし(笑)

サポート電話があるけど、トラブル対応の窓口は無さそう。

トラブル対応は、公式Webの検索か、LINE、ツイッター、チャットサポートがメインぽいです。

ツイッターサポートの説明をよんで笑っちゃいました。

 

日本HPのパソコン製品、プリンター製品のサポートや技術情報をつぶやいているほか、公式Webでご提供している便利なサービスについても配信しています。

 

そんな大事なことをボソッとつぶやいても、タイムラインで流れてしまうよぉ~。

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

テクノロジーカテゴリの最新記事