Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

広瀬晃一の顔写真と犯行の動機は?葛飾区19歳女子大学生が自宅に行ってしまった理由とは?

広瀬晃一の顔写真と犯行の動機は?葛飾区19歳女子大学生が自宅に行ってしまった理由とは?

葛飾区の女子大学生(19歳)が行方不明になっていた事件。

最悪の結末を迎えてしまいました。

 

東京都葛飾区の女子大学生(19)が昨年11月から行方不明になっている事件で、警視庁は31日未明、任意で事情を聴いていた茨城県神栖市深芝南2丁目、無職広瀬晃一容疑者(35)の供述に基づき、同市内で性別不明の遺体を発見した。同日、広瀬容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。同庁は遺体は女子大学生とみて身元確認を進めている。

出典:朝日新聞DIGITAL

 

 

2018年11月20日ごろ、神栖市須田の畑の土の中に埋めたということです。

発見場所も畑の土だったのでしょう。

容疑者ではありますが広瀬晃一容疑者の供述で遺体が発見されていることから犯人であることは確定と言えそうです。

広瀬晃一容疑者とは?

何故こんな酷いことができるのでしょうか?

いったい何が目的だったのでしょうか?

 

Advertisement

広瀬晃一容疑者の顔写真とは?

朝日新聞DIGITALのものです。

FacebookなどSNSは特定できませんでした。

似た画像のものを強引に掲載しているブロガーの方が沢山いましたが、他人への誹謗中傷に繋がるので是非やめていただきたいところです。

 

2019年1月31日追記

読売新聞で現在のものに近いと思われる顔写真が公表されていました。

上の画像が学生の卒業アルバムのようですが、顔の印象が頭部を除いてほとんど変わっていないですね。

 

 

 

Advertisement

犯行の動機は?


image:朝日新聞DIGITAL

 

写真は広瀬晃一容疑者のアパートに入る捜査員です。

 

(インターネットの)掲示板で知り合った女性に騒がれ、殺してしまった。遺体を埋めた

 

広瀬晃一容疑者はこのように供述しているそうです。

住民がアパート敷地で泣いている女性に声を掛けたという報道がありました。

その女性は「東京から来たがお金が無く帰れない」とやや不可解な返答をしていたといいます。

このときアパートの敷地にいたのがこの女子大学生なのかどうかは未確定ですが、時期から見て同一人物のように思われます。

 

Advertisement

 

財布を落とした、もしくは何者かに奪われたなら派出所を尋ねて駆け込めば良いので、冷静な判断ができないくらいに異常に錯乱する状態だったようにも感じられる返答内容です。

もし異常に錯乱するような状態だったとすれば、その直前に自身の想定していない、恐ろしい体験をしていたことが考えられます。

広瀬晃一容疑者の証言と併せて考えると、部屋に連れ込んで何かをしようとして騒がれ、飛び出した女子大学生が泣いていた可能性はないでしょうか。

その後、様子をみて広瀬晃一容疑者が敷地内にいた女子大学生をなだめて連れ戻り、犯行に及んだのかもしれません。

この「何か」というのは恐らく暴行だと思われますが、それはこれからの供述で分かってくることでしょう。

 

2019年1月31日追記

その後「騒がれたので車の中で殺し、穴を掘って埋めた」と供述しているとの報道がありました。

殺害は自室ではないようですが、いずれにせよアパートには行っているとすれば、どのタイミングなのかは分かっていません。

 

Advertisement

女子大学生の足取りは?

防犯カメラの映像などから、女子大学生は2018年11月20日、大学の授業に出席したあとに、JR綾瀬駅から茨城県の鹿島神宮駅まで電車で移動しています。

そしてタクシーで神栖市方面に向かい、18時ごろに神栖市平泉のコンビニエンスストア「ファミリーマート」で下車しています。

また、そこから歩いて200m離れた「セブンイレブン」に徒歩で移動しています。

この時に防犯カメラに映っていたのが最後の映像の情報でした。

友人に送ったLINEの最後のメッセージが21時頃で「これから男性に会いに行く」と送ってその後行方不明になっています。

その前に住宅街で住民の女性に広瀬容疑者の自宅住所を尋ねているため、それまでの間、何をしていたのでしょうか。

恐らく住所が分からず、セブンイレブンのイートインコーナーのようなところで時間を潰し、21時ごろに広瀬容疑者と待ち合わせして自宅に向かったのだろうと推測されます。

一部の報道では「目隠しをして自動車に乗せられた」のようなものもありますが、事実確認が取れていません。

 

Advertisement

何故殺害する必要があった?

丸2カ月が経過しており、性別不明の状態ということは腐敗が激しかったことが伺えます。

「騒がれたから」という理由を口にしている点から、突発的な衝動だったことが分かります。

部屋で殺害したとすれば、隣の住人に気付かれたらまずいという恐怖心から慌てて手が動いたと考えるべきでしょう。

こうした後先考えずに行動するタイプに人間は、その後も後先を考えないで、現実から一刻も早く逃避しようとするはずです。

そのため、遺体を自動車で運び畑に遺棄したのでしょう。

12月20日の午後11時ごろからスマートフォンの電源が切れた状態で、遺体は最後の位置情報が途切れた場所の近くで見つかったそうです。

スマートフォンに電源が入っていれば何らかの足がつくだろうというのは、冷静なら考えることです。

遠方に運んでから破壊するなど細工をする発想すら持たなかったのでしょう。

詳しくはこれから広瀬晃一容疑者が語るのでしょうが、断言できるのは、「殺害して良い理由など絶対に無い」ということですね。

もし広瀬晃一容疑者には「理由があった」とすれば、それは極めて自分勝手な理由に過ぎません。

 

Advertisement

女子大学生とは?

こうした事件で被害者の名前がでれば一気にマスメディアの餌食になり、ネットでも晒されていきます。

未成年ということでマスメディアでも自粛をしています。

ここではご本人の尊厳を守れる範囲で、開示されている情報についてお伝えします。

 

大学は「日本薬科大学」の御茶ノ水キャンパスに通っていたようです。

ご実家は栃木県ですが、大学に通うため東京都葛飾区で1人暮らしをされていました。

行方不明時(2018年11月)はまだ18歳で、直後に19歳の誕生日を迎えたようです。

ご両親は、愛するお嬢様の19歳の誕生日をお祝いできず悲しまれたことでしょう。

お父様がマスメディアの取材に、3日に1度はメールでやり取りをするほど仲が良かったそうです。

趣味はオンラインゲームでした。

このオンラインゲームで、広瀬晃一容疑者と知り合ったと言われています。

何故、これほどご家族に愛され、将来薬剤師としても安定した仕事を目指せたはずの彼女が、広瀬晃一容疑者のもとに行ってしまったのでしょうか。

 

Advertisement

 

ここからは推測に過ぎませんが、事件当日の直後に19歳の誕生日を迎えています。

誕生日を祝ってもらえることはとても嬉しいものです。

見ず知らずの人間に祝われても、とも思いますが、この時点では広瀬晃一容疑者に対して「好意」を抱いていたとしたら。

それまでの広瀬晃一容疑者が実に紳士的な人間と思っていたとしたら。

「僕の部屋にくる?一緒に誕生日を祝おうよ」

とても信頼していて、会ったことは無くてもチャットしているだけでうきうきするし、一緒にいると楽しいだろうなと思っていて、そんな風に誘われたとしたら、もしかしたら初見でも自宅に行ってしまったのかもしれませんね。

時期的に、慣れない一人暮らしで寂しさが募っていたということもありそうです。

 

Advertisement

まとめ

こうした事件が起こる度に、ネットやゲーム、マンガやアニメが悪者にされる傾向があります。

むやみに叩くことは違うと感じます。

それを悪いことに使った人間が一番悪いに決まっているからです。

ただし「悪事を媒介しやすい」という点では理解しておく必要がありそうですよね。

特にSNSやネットゲームは他者と顔が見えない状態で親密になれてしまうため、世間や人間の悪意を知らないような未成年の子供たちが被害にあっている現実があります。

女子大学生も広瀬晃一容疑者に、現実ではみえていない、何か引き寄せられるものを感じていたのかもしれません。

どうかこうした悪意をもった人間に近づかないように。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

菊池捺未(きくちなつみ)さんの夢は断たれた。廣瀬晃一は児童買春で逮捕歴あり。野獣さえ良い人と誤解してしまうネットの裏側を知るきっかけに。

鳥山裕哉の顔画像!金井貴美香さんを殺害した動機と経緯がヤバ過ぎた。

熊沢義信の顔とメモの内容とは?空白の9日間に何をしていた?殺害から発見までの経緯は?谷口夏希さんを殺害した最低な男の最低な行動。

藤井裕幸の顔画像と動機は?精神疾患で終わる可能性もある?スーパーイズミヤ高野店の殺人未遂事件は犯人の身勝手な凶行には違いない。

ニュースカテゴリの最新記事