Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レオパレスが建築基準法違反発覚!遮音・防火の界壁が無い?3万棟超を調査。一括借り上げ(サブリース)の解約強要もあり評判悪いけど株価はどうなる?

レオパレスが建築基準法違反発覚!遮音・防火の界壁が無い?3万棟超を調査。一括借り上げ(サブリース)の解約強要もあり評判悪いけど株価はどうなる?

レオパレスで大規模な建築基準違反が発覚

 

※写真はイメージです

 

2018年5月29日、賃貸アパートの大手 レオパレス21がとんでもない問題を発表しました。

1996年~2009年に施工したアパートで建築基準法違反の疑いがある施工不良が見つかったとのことです。

 

防火や防音効果を備えた住戸を隔てる壁がないなどの問題が確認された。19年6月までに同社が施工した全3万7853棟を調査。19年10月までに必要な補修工事の完了を目指す。

出典:毎日新聞

 

 

以下はツイッターの反応です。

賃貸は皆さんにとってもまさに自分事の問題ですから、かなり厳しい反応を示されているようです。

壁が薄いというのはもっぱらの噂だったので、「それ見たことか?」と皮肉をツイートされている方も多々。

 

 

「下請け業者に対する検査体制が十分ではなく、意図的な手抜き工事ではないと説明」

「コスト削減や工期短縮を意図したものではない」

 

と釈明しているようですが、その期間に建築した多くの賃貸物件が対象だとすると、ツイッターでも呟かれていましたが、いったい他にどんな理由があったというのでしょうか?

2007年(平成19年)6月までに同社が施工した全3万7853棟を調査中で、現時点で施工不良は38棟見つかっているようです。

ただ、報道によっては対象物件の数は変わってきています。

 

部屋の境界となる壁「界壁」が天井に達していなかったり、施工が不備と認められるものが合わせて200棟余りに及ぶことが分かりました。

出典:テレ朝NEWS

 

壁が天井に達していないって、、、

これって、「薄い」というより、「つつぬけ」ってことですよね。

200棟となっており、まだまだ増えていく可能性があります。

2019年10月までに補修工事の完了を目指すそうですが、今現在住んでいる物件をどうするのでしょうか?

これから増えていったときに、保障などの問題で結構こじれそうな気がいたしますね。

 

Advertisement

 

一括借り上げの物件を解約強要疑惑もあった

 

 

「一括借り上げ」契約というのは、主に事業者がアパートを所有するオーナー(大家)から転貸借を承諾してもらう条件で、相場よりも安くアパート一棟を一括して借りて、入居者へは相場の家賃で貸すことです。

大家は空き室の分も家賃が保障される仕組みなので、近年この一括借り上げに乗っかる方も多いようです。

ただ、一括借り上げを持ちかける事業者は、家賃差額で儲けを出しますが、思っていたよりも入居状況が悪い場合は、事業者側がかなり赤字を被ることになります。

 

Advertisement

 

ちょっと小難しい説明でしたが、簡単にいえば、大家の賃貸物件を別の業者に任せて、別の業者が又貸しするという仕組みですね。

入居者が減って、空き室が多い問題を抱える大家が多いため、空き室のままにするくらいならと、そういう業者の「甘い言葉」に乗っかるようです。

レオパレスは完成したアパートをそのまま借り上げる「業者」の立場となっていました。

大家には「30年間借り上げます」と約束しておきましたが、なんと早い例では10年に満たないうちに約束した毎月の家賃支払いを減額したり、契約を解除するようオーナーに強制的に迫っていたのではないかと言われています。

今回、その大家(所有者)が集団訴訟を起こし、1億超の返還要求をしているということなので、事実は濃厚ではないでしょうか。

 

Advertisement

 

まとめ

 

 

建築基準違反での補修工事も大規模なことになりそうです。

一括借り上げ物件の訴訟でも大敗の可能性があります。

内装、外装を綺麗に仕上げ、有名タレントを惜しげもなく起用してコマーシャルを打ち、イメージ戦略で物件数を伸ばしていきましたが、強引に費用削減をしていく手法が明るみになり、イメージダウンは避けられないでしょう。

こういうことの積み重ねが株価に影響を与えることは必至ですね。

レオパレス21は正念場かもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事を紹介させていただきます。

 

レオパレスが6年ぶり赤字転落。界壁無し問題の補修費が響く。防火の他に壁ドンが無くなるか?エアコンの3時間で自動停止する問題も響き株価が心配。

槙本元氏が内部告発したヤマトホームコンビニエンス(YHC)の水増し請求問題。請求書現物の内容とは?法人だからできた手口とは?山内雅喜社長は組織ぐるみを否定。

LRQA(品質管理の認証機関大手)が不正発覚。ISO9001やJISQ9100の信頼性が損なわれたことは大きな問題。レオパレスの認定の疑義にも繋がる。

所有者不明の土地は九州より広い?いずれ北海道の広さに?廃墟の空き家も危険。相続登記が義務では無いことが問題か。特別措置法でどこまで有効活用できるか?

レオパレス21倒産の危機。界壁無しの建築基準法違反は2600棟が対象、20億円以上の補修費か。ISO9001は妥当だったのか?株価は下落する一方。

賃貸の火災保険とは?転居時は払戻しができる?不動産仲介の勧める火災保険に契約しないといけないの?5分でわかる火災保険。

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

ニュースカテゴリの最新記事