獺祭の旭酒造が被災。本社蔵が浸水し製造中止です。出荷までに2か月~3か月かかる間に悪徳業者がプレミアム価格で販売するものには絶対に手を出さないで!

獺祭の旭酒造が被災。本社蔵が浸水し製造中止です。出荷までに2か月~3か月かかる間に悪徳業者がプレミアム価格で販売するものには絶対に手を出さないで!

「獺祭」が製造中止に

 

image:公式ページ

 

世界戦略で日本酒の売り上げそのものの底上げにも貢献し続けている「獺祭」。

製造元の旭酒造株式会社の売上推移をみると、その勢いがよく分かります。

 

<従業員数>
207名(2016年12月末 正社員:111名 パート社員:96名)。

<売上推移>
決算期      売上高      経常利益
———————————————————————–
2013年9月期  37億 600万円    4億9,200万円
2014年9月期  45億9,900万円   11億9,000万円
2015年9月期  65億3,700万円   21億1,900万円
2016年9月期  108億 300万円   41億6,700万円

出典:ysdyt.net

 

 

この獺祭が、集中豪雨の影響で製造停止に追い込まれています。

復旧を急いでいますが目途はたっていないようです。

 

旭酒造は岩国市に蔵があります。

「本社蔵」と呼ばれるビルの一部が被災しました。

土砂崩れが発生し2棟ある蔵のうち1棟が土砂でせき止められ、水が流れ込んでいるそうです。

80センチも水に浸かっており、倉庫に保管していた原料となる米が水浸しになる被害を受けました。

また停電もしており温度管理ができず、冷蔵設備も使えないことから、製造を停止せざるを得ない状況です。

 

7月8日は社員20人で水につかった酒瓶を処分する作業などに当たったそうですが、かなり多くの出荷前の酒も破棄することになったものと推測します。

製造ラインが復旧するまでに40万本から60万本の生産に影響が出るようです。

出荷までに2か月~3か月の見込みです。

 

 

Advertisement

 

人的被害は無いとのこと

 

 

旭酒造の公式をみると、人的被害は出ていないこと、それだけは安心しました。

本社の直営店「獺祭ストア」も当面営業中止となるようです。

 

 

Advertisement

 

プレミアム価格で売られても買わないように

 

この期に乗じて、特にネットでとんでもない価格で販売をする悪徳業者がいることが予想されます。

高値で買ってしまうことは、復旧後の旭酒造さんの売り上げ減というのダメージにも繋がります。

旭酒造さんの信頼も傷つくかもしれません。

絶対にそうした悪質な販売に手を出さないようお願いします。

 

 

Advertisement

 

まとめ

 

 

日本酒が好きで、獺祭も人気になる以前からたしなんでいました。

コツコツと販売量を増やし、やっと世界で獺祭ファンがつくまでになったところです。

ここで躓くわけにはいきません。

まだ被災は続いており、復興には遠いですが、その時には他の地域のみんなでできることをやって、手伝っていきましょう。

僕はまずは獺祭が製造再開したら適正価格で購入したいと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事を紹介させていただきます。

 

倉敷市真備町のやじ馬は被災者の気持ちを逆なでします。支援物資の放置とあわせてやめてください。善意の押し売りはいけません。

被災された島谷ひとみさんから「写真を撮りに行かないで!!」集中豪雨で広島県、愛媛県、岡山県、岐阜県、高知県など河川氾濫、土砂崩れが多発。死者が多数出ています。

高梁川【支流】のはずの小田川が越水破堤した原因は?線状降水帯による集中豪雨で倉敷市真備町も飲み込んだ平成30年7月豪雨。堤防決壊のハザードマップは要確認。

 

↓↓この記事がお役に立てたらボタンを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

↓↓これからも有益な情報を掲載していくので通知登録お願いします!

 

 

食と酒カテゴリの最新記事