Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Megwinが”真実をお話しします【拡散希望】”という動画で衝撃の真相!?ファルコンとメテオの反撃はあるのか?

Megwinが”真実をお話しします【拡散希望】”という動画で衝撃の真相!?ファルコンとメテオの反撃はあるのか?

日本のYouTuberのパイオニアともいえる「MegwinTV」で起こった大問題。

ファルコンとメテオという2人の演者がMegwinのパワハラを訴えて突然辞めていった事件です。

2人は直後に「MEGWIN TVを辞めました。真実を話します」という動画を投稿しています。

ここで語られるMegwinの仕打ちがあまりに酷いと大炎上しました。

 


image:YouTube ふぁるこんとめてお 

 

Megwinは過去に釈明動画を投稿していますがことごとく失敗し、火に油を投下してきました。

話すたびに、2人の説明を信じる視聴者から一言一句を突っ込まれる状況。

これでは釈明をする意味は無いと思ったのでしょう。

ここ数カ月は2人のことについて一切触れることはありませんでした。

 

ただ、事態はそれほど簡単ではありません。

動画を投稿するたびに悪い評価が上回る状況が続いていたのです。

この頃は徐々に良い評価が多くつくようになりましたが、炎上はいまだ収まっていないことは明らかです。

何よりの証拠は、かつては100万人を超えていた登録者が、3月末時点で96万人まで減ってしまっていることです。

半年もせず10万人近くを減らす人気YouTuberは過去にいなかったのでは?

 

そんな状況下の2019年3月29日、Megwinは長い沈黙を破って、ファルコンとメテオの退職時の説明や、ネットの噂に関する説明の動画を投稿しました。

それが以下の動画です。

期間限定のようなので、いずれ消される可能性がありますがリンクを貼っておきます。

 

 

この動画、50分近くかつ内容も少し整理が足りていないように感じられたので、以下に整理しました。

一言一句書き写したものでは無いことをご了承ください。

 

Advertisement

真実をお話しします【拡散希望】の内容

※全体として項目に分けて原稿を読み上げる形式でしたので、おおまかに同じ項目と順番になるように書いています。途中、米印で注釈を入れています。

 

なぜ今なのか

これまで事実の公表を避けてきたのはファルコン、メテオの名誉を棄損するかもしれないから

なぜ今なのかというと身の危険を感じたから

街中で突然

 

おい!Megwin!

 

と怒号を浴びせられた

14年間やってきて視聴者からこのような敵意を向けられたことは初めてで、殺される可能性すら感じた

ネットの「デマ」で死にたくはない

従業員も巻き込まれるかもしれないので公表するしかない

 

そういう状況が予想できるならなぜもっと早く公表しなかったかといえば、ファルコン、メテオからかつて脅迫をうけており、同席する全員が「もう2人と関わりたくない」と思っていたから

街で怒号を受けたことで「単なる内輪の問題」ではなくなったと判断した

 

Advertisement

【2人の退職時の説明】 “給料の支払いがない”

事実無根である

同席している社員を含め支払っている

残業代、有給休暇も付与している

2人がなぜお金がないという発言をしたのかという点だが、理由は不明

支払いは毎月の給料の源泉徴収票もあり把握している

私的に公表はできないが、2人が「お金がない」と虚偽を言ったことに対する判断材料としての公表は可能と考えている

 

【Megwinの以前の説明】”仲間ではなく社員”

※Megwinの説明時の発言で視聴者から大ブーイングを食らいました。

視聴者に誤解を与えたことは謝罪

会社を作った理由は「仲間と一緒にやりたいから」である

会社化したことで仲間と長く一緒に活動ができるようになった

これまで仲間は「無償で手伝ってくれたひとたち」だった

しかし思いだけでは限界があり、生活がかかってくるとそうも言っていられなくなってきた

親の扶養から外れれば税金も支払わなければならない

仲間にはそうした社会的責任を果たしてもらうために、会社化した

会社化しCEOの立場になったとき、これまでの「楽しいからやる」から、会社の目的が利益を出すことだから「楽しいだけではできない」という意識に変わった

この時「プロ」に変わった

 

・Megwin=給料を支払う経営者

・仲間=給料をもらう会社員

 

この2つになった

「仲間ではなく社員」は「動画制作を仕事とする会社員に変わった」ということを言いたかった

仲間ではないと貶めるような意図では無かった

 

Advertisement

今回の退職騒動の発端と思われる事件(時系列で整理)

※”脅迫”という項目について時系列がごちゃごちゃになっていて分かりづらかったものを整理して書きました。

かなり前、バンディ、ファルコン、メテオが従業員として雇用契約する際に、企画、撮影、編集という運営に関わる業務として入社してもらった

チャンネルのプロモーションの一環としてツイッターのアカウントをつくらせた

それぞれにハンドルネームを命名した

メテオはもともと個人で使っていたアカウントの名前を変更してもらう方向でメテオ同意のもと進めた

 

2018年3月21日に公開した動画でも取り上げたが、メテオがツイッターのDMでファンと節度を越えた私的な交流をしていたことが発覚した

事態を重くみて、プロモーションとして使っている認識だった個人アカウントとパスワードの提示を促した

その場ではメテオから異論はなかったが、すぐにパスワードは提出されなかった

※これは元々メテオのアカウントは個人所有だったことに由来し「ゴネた」と思われます。

2018年11月21日、リスク管理目的で再度、稲垣からアカウントとパスワードの提示を求めたところ、

 

アカウントは個人の持ち物なので提出できない

 

と拒否された

同日夜、Megwinが事務所で別事業の顧客と商談をしていたところ、ファルコン、メテオが帰宅時に大きな音をたててドアを開けた

 

ああーこいつまた余計なことしやがった

いま話せないっすか

 

暴力的な発言をしながら商談に割り込んできた

大声で騒ぎ、机を叩いたり椅子を揺らしたり

やむを得ず顧客には帰ってもらった

部長の稲垣が帰るまで待てないかときくと

 

俺たちがこえーのか?

 

など再三ののしった

稲垣が戻ると、椅子にうんこ座りしてから、机を横倒しにし、顔面につめより

 

殺すぞ

俺はひとを殺すことなんてなんとも思っていない

 

と脅迫の言動を受けた

同席の6人が証人である

 

後日、始末書を提出してもらったが、2人とも同じ文章で

 

湾曲され事実と異なる

 

と書かれていた

 

このやり取りに対してメテオの「拒否」はもっともと思うかもしれないが、芸能事務所やYouTubeのプロダクションでも所属タレントのアカウントをリスク回避のために一元管理しているところは多い

またバンディの場合、退職前2カ月の引継ぎを設け、ツイッターアカウント、ハンドルネームについて話し合い、そのまま継続して使っても良いことで双方合意して退職している

ネットの噂でバンディは100万円で会社から買い取ったという情報は事実無根である

 

Advertisement

【2人の退職時の説明】ツイッターアカウントが変わったことについて

“因みに僕の名前の表記が以前と変わっている事に関してですが「メテオ」という名前を使って活動した場合、むこうがわからSNS、ツイッターアカウント、YouTubeチャンネルもろとも法的措置を講じ消され、さらに多額の費用を請求されてしまう可能性を示唆された”

 

バンディの退職時は話し合いでそのまま使うことになっている

2人については2018年11月21日以降、一度もSNSやハンドルネームについて話し合いができずに今日まで来ている

YouTubeチャンネルについては一度も議題に上がっていない

多額の費用についてもそういった会話はしていない

2人はそもそもアカウント作成の経緯が異なるので、個別での話し合いが必要という認識である

※メテオは個人所有で過去の個人的な投稿も含まれると思われます。

 

2018年11月21日の話し合い時にMegwinから

 

殺したいほど嫌いな俺となぜ働くのか

 

と問うと、

 

お前以外は全員好きで迷惑をかけたくないから

 

と回答された

殺したい相手と翌日には撮影で笑っていたことが一番怖かった

会社に来たくないぐらいの恐怖だった

 

Advertisement

【2人の退職時の説明】”最後の挨拶をさせてもらえなかった”

最後の挨拶を故意にさせなかったことは事実である

2人は11月21日から約20日後の12月11日に退職している

この日はボーナス支給日だった

突然やめると言い出したので急きょ面談をした

引き継ぎのため2週間はいて欲しいと伝えたが

 

今日がいい

 

と言ったので、やむを得ず当日退職した

そのため長年のノウハウは他の社員に一切引き継がれなかった

部長の稲垣同席でこれは事実である

2人は業務引き継ぎや、SNS、アカウントなど社会人として必要な引継ぎを全て放棄して辞めていった

2人から

 

最後の挨拶の動画は撮りたい

 

と頼まれたが、これまでのことを踏まえ断った

好きな他のひとに迷惑をかけたくないといいながら、突然退職して迷惑をかけるような2人がつくった動画なんて出したくなかったから

 

Advertisement

【2人の退職時の説明】”人として扱ってもらえなかった”

具体的に何を指すのか分からず詳細には答えられない

Megwinや部長の稲垣が人として扱わなかったことは1度もないという認識

2018年11月21日、全員の前で「ボンクラ」とののしられていたので、少なくともその時は彼らがMegwinを人として扱っていないのでは

 

【2人の退職時の説明】”やりたいことができなくなった”

2人が何をやりたかったかは教えてもらっていないので分からないが、できなくなったというのは事実ではないか

2人の主観なのでなんともいえない

会社が大きくなりルールが大きく変わった

決定はMegwinがする

やりたいことをやらせてあげたいが、全員の意見を取り入れることはできない

会社の方針を決めたあとに、誰かが「これではやりたいことができない」と感じたとしても、その感情をもとに会社の方針は覆せない

 

Advertisement

【2人の退職時の説明】”この会社ではやっていけないような状況になりました”

“この短期間で僕ら以外に何人か人がやめてますけど、それを見て察していただけたらと言う感じ
僕らもちゃんと人間として扱って欲しい”

 

2人は当日に退職してしまったので詳しくはわからない

辞めていったひとから退職理由は聴いているが、全員が同じ理由で退職はしていない

何を察して欲しかったのかはわからないが、辞めないでついてきているひとがいることは事実

同席の6人は同じように辞めていったひとをみてきたが、2人が言うように察することは出来ない

※つまり2人が言っていることは理解不能ということらしい。

 

【2人の退職時の説明】”やめるように仕向けた”

”自分から自己都合で退職しなさいっていう形をとらされた”

 

事実無根である

退職の話をされた時に彼らから理由なく

 

会社都合退職にして欲しい

 

と言われたが、会社都合の理由がないのでお断りした

会社への引継ぎを断って辞めるのだから単なる自己都合であるという認識だ

 

Advertisement

【2人の退職時の説明】”会社で空き缶をバーッて撒いて、拾って”

“また撒いて拾ってというような、意味がなく心を消耗させる仕事をさせようとしてきた”

 

どの仕事を指すのかわからない

小さな会社なのでそんな無駄な仕事にひとをさく余裕はない

会社としてはそういうことは無かったはずだというしかない

これ以上は個人の主観なので答えようが無い

 

【2人の退職時の説明】”YouTuberではないと言われた”

これは事実である

セミナーや取材のたびにそのように答えている

Megwinの思うYouTuberとは、個人事業主で行動の自己責任がとれるひとのこと

株式会社は責任は会社がもつので、YouTuberとは言えない

労災もあるし、クレームに対しては会社として謝罪する

訴えられても演者に責任を取らせない

守られている立場で動画を投稿してきた2人はYouTuberとは言えない

2人にこの説明はしている

 

Advertisement

【退職後2人が動画で主張】コンビニゲームを考えたひとはファルコン

考えたのはファルコンではなく元嫁のアマンダである

アマンダからオーストラリアのテレビの企画を紹介されたもの

2人がコンビニゲームをやることは問題ない

※嘘はつかないで欲しいという意図と思われます。

 

【ツイッターでのファルコンの発言】”真剣に正直に真摯に向かい続けた6年間だったけど”

“もしかしたら無駄だったのかもしれない
俺がどんなに声を投げても表面上は分かってくれているようなことを言っていたけど、あの人間性は変わらなかった
最後の1年は俺も理解し合うことを諦めた
今までやめていったひとたちみんな同じ理由です
愛想を尽かしてうんざりして去っていった
そんなひとたちをみ続けた6年間でした”

 

彼らはMegwinがいないところで会社の士気を下げるような活動をしていた

社員の引き抜き行為や、それについてこなかったひとを貶める行為をしていたことは事実である

※むしろ2人の言動にうんざりして去っていったひともいると暗に示唆しているようにもみえます。

おわりに

10人以上の従業員がいて、距離が近いだけに意見を取り入れなかったことの失望が大きいだろうが、実行していくことがMegwinの仕事である

1年で従業員が3倍になった

2人にも不満や不安もあったろうが、他の社員も同じことを感じていた

※なぜ同じ環境にいて2人だけがこんな状況になったのか?という疑問を投げかけている言葉と思われます。

 

ファルコン、メテオを貶めることを目的としていない

2人がこの動画に基づく反対意見動画を作ることは望んでいない

以前やったような憶測を促すような動画は迷惑なのでやめて欲しい

不毛なやり取りが続くならしかるべき手段をとらなければならなくなる

それを望んではいない

 

Advertisement

全体を観ての感想


image:YouTube MegwinTv

 

動画は徹底的に原稿を作りこんでいた印象を受けます。

恐らく前回の失敗を繰り返さないよう、弁護士の意見を取り入れ論破しようとしたものです。

また、これまで失敗してきたMegwin一人だけがざっくばらんに説明するような形式を廃し、他の社員を同席させることで説得力を持たせる演出をしていました。

これは成功しているのではないでしょうか。

正直、徹底的に作りこんだはずの原稿さえも、Megwinはまともに読むことができずに読み間違いだらけなので、彼個人だけでこの件について発言はしない方が良いと改めて思いました。

こういう時の原稿は極力読み間違いを減らすべきです。

言葉の重み、説得力が一気になくなります。

ただ与えられた原稿を、練習もせず読んでいるだけなのでは?

本心で思ってる?

そう思われても仕方が無い完成度でした。

その部分を補っていたのが周囲を囲んだ社員の皆さんだったように思います。

原稿でしばしば「ここにいる社員たちもみていた」と紹介され、頷くことで、Megwinの暴走や独りよがりでは無いんだなと思えました。

 

Advertisement

 

以前BuzFixでは、2人が脱退した際に記事を書いています。

この動画ではその際の2人のコメントに対して、概ね「事実無根」と否定をしている内容になっているようです。

その理由についてかなり練りこんで有り、概ね嘘とも思えませんでした。

ファルコンとメテオはパワハラを受け、退職しなければならない状況に追い込まれたという「視聴者の認識」で3月まで来ていましたが、この動画でとうとう2人にあったはずの正義が覆えされたかたちです。

Megwinの今回の動画では、ファルコンとメテオが感じたMegwinのパワハラは「勘違いだった」と一蹴しているように思えます。

それどころか脅迫をしていたのは2人で、悪いのは2人であるという主張になっています。

これが事実なら、ファルコンとメテオは語っていない事実があったということになり、旗色は一気に悪くなるでしょうね。

 

しかしどうしても腑に落ちないことがあります。

ファルコンとメテオが何年も一緒にやってきて2~3年前までは仲良くやっていたものが、何故急に態度を変えていったのか。

それとも何年もかけてジワジワとストレスが溜まっていく要素があったのか。

その疑問にはイマイチ、答えがみえてきません。

「今回の退職騒動の発端と思われる事件」の項のように、ツイッターアカウントの提出をごねた、ということだけで本当にここまで急激に関係が悪化するものなのでしょうか?

「2人は脅迫はするし引継ぎもせずに辞めていく馬鹿者」という見せ方に徹底していて、そんな非常識で脅迫をする人間がすることだから知ったことではないだろう、という印象を持たされますが、もし本当に今回の原因を追究するのなら、ツイッターアカウント云々の以前では無いのでしょうか?

あったとされる2人の常軌を逸した言動は全て、このツイッターアカウントのやり取り以降のことです。

それ以前の2人とMegwinとの関係性はどうだったのでしょうか?

2人の行動を狂わせてしまうほどの軋轢があったのではないのでは?

 

Advertisement

 

今回の動画では残念ながらその部分に触れられていませんでした。

Megwinには本来、この部分について語ってもらいたいところです。

この動画をあげられっぱなしの場合、2人は非常識で異常な人間だったという印象を持って失望する視聴者が続出するはずです。

ファルコンとメテオにすれば、否応なく反撃の動画を投稿せざるをえないのでは。

Megwinがいかに「望んでいない」と言っても投稿するのではないでしょうか。

ここで浮かんでくるもうひとつの推測は、Megwinサイド(背後の弁護士)の真の狙いです。

源泉徴収票の開示などをチラつかせて恐怖心を煽っておき、2人に白旗を出させることに本当の狙いがあるのかもしれません。

自分たちが悪かったと謝罪させ、お互いに話し合いをして解決したという円満解決の動画を投稿することがゴールなのかもしれません。

 

いずれにせよファルコンとメテオは、抜いた刀を鞘に戻せない状態です。

戦いに勝ったと思っていたら思わぬ情報戦を仕掛けられています。

ひとつ言えることは、無言を貫いてきたMegwinからの「歩み寄り」にはなっていないということです。

この動画をMegwinの「宣戦布告」と捉えるか、「投降の呼びかけ」と捉えるのか。

しかしそれではどちらかだけが正義ということになり大きなシコリが残ります。

双方にとって良いのはこういう動画をあげることではなく、事務所など第三者を交えて冷静に話し合いの場を持つことです。

お互いに傷つけ、誤解を与え合っていた部分を認め、同じ動画で視聴者に説明をし和解をアピールするしかないのではないでしょうか。

2人はUUUM専属クリエイターになっているので、UUUMが主導ししっかりとマネジメントすべきと考えます。

今後の2人の動きに注目してみたいと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

「sola Channel」のsolaさんが死亡する事故。原因は赤飯おにぎりの一気食いで喉に詰まらせた。YouTubeの流行と再生回数稼ぎについての警鐘。

MEGWIN TVの主力だったファルコンとメテオが解雇!原因は100万人突破後のねじれ現象。成長の立役者を切り捨ててどこへ行く関根剣よ。

 

 

ニュースカテゴリの最新記事