Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新立文子容疑者を逮捕。若松ひろみ園長の号泣会見も辛い。園児の失われたいのちは戻らない。マスメディアもネットも誹謗中傷をやめよう。

新立文子容疑者を逮捕。若松ひろみ園長の号泣会見も辛い。園児の失われたいのちは戻らない。マスメディアもネットも誹謗中傷をやめよう。

滋賀県大津で痛ましい事故がありました。

 

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱(おおがや)6丁目の丁字路の県道交差点で車2台がぶつかり、うち1台がはずみで保育園児の列に突っ込んだ。滋賀県警によると、近くのレイモンド淡海(おうみ)保育園に通う伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)=同市大江5丁目=と原田優衣(ゆい)ちゃん(2)=同市大江2丁目=が死亡。男児(2)が意識不明の重体となっている。ほかに2~3歳の園児10人が重軽傷、引率していた保育士3人も軽傷を負った。

出典:朝日新聞DIGITAL

 

幼いいのちが一瞬にして失われてしまいました。

お母さまが病院で対面した我が子の遺体を前に絶叫していたという報道をきくと、本当に胸が締め付けられる想いがします。

新立文子容疑者が起こした事故の原因と、レイモンド淡海保育園の若松ひろみ園長の記者会見、そして保育園を責める「声」について書きたいと思います。

 

Advertisement

事故の状況


image:ハフポスト

 

自動車を運転していたのは、無職の新立文子容疑者(52歳)と、衝突した自動車に乗っていた女性(62歳)です。

事故現場は大津市大萱6丁目の丁字路の県道交差点です。

右折しようとした新立容疑者の乗用車と、直進してきた女性の軽乗用車が接触しました。

衝突の衝撃でハンドル操作が不能となった女性の軽乗用車が、散歩中に交差点で信号待ちをしていた園児に突っ込んだという状況のようです。

 

 

Advertisement

事故の原因は?

園児を殺めてしまった自動車は直進してきた女性の軽自動車です。

当初は両名とも逮捕されましたが、警察の取り調べで右折しようとした新立文子容疑者が一方的に軽自動車に衝突したことで引き起こされたことが分かっています。

見通しのよい直線道路で、雨も降っておらず、対向車を見落とす要素はありません。

信号も青信号でした。

以下は事故現場をストリートビューで表示してみたものです。

見通しが良い広々とした交差点であることはよくわかると思います。

そして、なんと右端に園児を散歩させる姿が写りこんでいますね。

まさにこの状況下で、事故が起こってしまいました。

 

 

Advertisement

 

新立容疑者は

 

前をよく見ていなかった

 

と供述しています。

釈放された女性は

 

右折車をよけようとハンドルを左に切った

 

と供述しています。

つまり女性は避けようとハンドルを切ったにも関わらず新立容疑者の自動車に衝突され、ハンドルを切っていたがために余計に園児の方へ吹っ飛んでしまったという、なんとも惨い状況がみえてきます。

 

Advertisement

 

こうした証言や目撃情報から、8日の夜には女性は釈放されています。

しかし釈放されたとはいえ、実際に園児をひいてしまったのは自身に変わりはありません。

ただ、巻き込まれただけなのです。

この62歳の女性は、生涯このことを心の重しとして生きていかなければならないでしょう。

自分にこの状況を置き替えたら気が狂ってしまうかもしれません。

なんとも言えない心苦しさを覚えます。

 

Advertisement

保育園の会見はみていられない辛さ


image:京都新聞

 

レイモンド淡海保育園の若松ひろみ園長が記者会見で記者の質問に答えていました。

 

とても素直でいつも笑顔を絶やさない子でした

いつも園長先生、といってくれるかわいい子でした‥

これ以上何も言えないです

ごめんなさい

 

そこまで話して、もう泣き崩れてしまいました。

きっと心から子どもたちを愛して、慈しんでこられた方なのでしょう。

決してご自身の保身のために記者会見を開かれたのではないはずです。

ただ保育園ではこれからも毎日、沢山の子どもたちをあずかるし、多くの保育士さんが働いています。

これからも共に生きていかないといけない皆さんのためにも、保育園としての見解をしっかりと伝えなければいけませんでした。

 

Advertisement

マスメディアやネットに吹き荒れた誹謗中傷

一部のマスメディアやネットで心無い言葉が飛び交ったことも、記者会見を開かねばならない理由のひとつだったようです。

 

保育園の管理体制はどうだったのか?

散歩のコースは正しかったのか?

いい加減にやっていたのでは?

 

そんな言葉もみかけます。

これはちょっと見過ごせない、あまりに残酷過ぎる言葉ではないでしょうか。

 

Advertisement

 

普段安全に散歩が出来ている同じコースを歩いていました。

園児たちもそこらじゅうを走り回っていたこともなく、まとまって信号待ちをしていたといいます。

何しろ見渡しのいい交差点で信号待ちをしていただけで、そこに突然自動車からぶつかってこられたら、園児でなくても避けることは困難でしょう。

いったいどうすれば良かったというのでしょうか?

こうした言葉をたいして状況を把握もせずに、軽々しくネットに書き込んでしまうのはそろそろやめるべきではないかと思います。

 

あのひとが言っていたからきっとそうなんだ

あのテレビで言っていたから間違いないはずだ

 

Advertisement

 

ネットにはそういうふうに、ただ一つの意見だけで自身も真に受けて誰かを非難するという悪い習慣が根付いています。

でもその誰かとは、いったい誰ですか?

「あなた」にとって信頼ができるひとですか?

フォロワーが多いから信頼ができるひとですか?

もう少ししっかり調べ、自身の想像力を働かせましょう。

誰かに自身の判断をすべて委ねることほど、危険なことはありませんよ。

 

Advertisement

ネットは優しい世界になれる

なにもネットのすべてが悪いわけではありません。

つるの剛士さんや、犬山紙子さんを始めとした著名人も、続々と保育士さんを励ます投稿をしています。

 

 

Advertisement

 

ネットは優しい世界になれます。

これまでも、これからも、優しく、世界中のみんなを包み込める最大にして唯一の世界になれます。

使い方さえ間違わなければ。

もちろん理由のある言葉を禁止する必要はありません。

ブラック企業やセクハラを告発することで、救われたひともいたことでしょう。

しかしただ尻馬にのってストレス発散のように暴言を吐き続けるひともいます。

そうした暴言を覆ってしまえるほどに、優しさでいっぱいにしてしまいましょう。

 

Advertisement

まとめ

自動車を衝突させられた軽自動車の女性も、名前まで公表されてしまいました。

こうした連鎖的に起こった事故の場合、どちらが真に原因となったかは取り調べを待つべきです。

そうした時間を置くこともなく、マスメディアでは容疑者というだけで名前を書き立てました。

その名前は、多くのまとめサイトやSNSで拡散され、デジタルタトゥーとなって永遠に世界中に晒され続けます。

理由や真実というものは時間の経過とともに霞んでいくものです。

ただぶつけられ、自らの自動車で園児をひいてしまった荷を背負わされた女性の名前も、「ひいた本人」として永遠に晒され続けるのです。

こうした時に視聴率や部数のために、真実を見極める前にフライングすることをやめてもらいたいということはマスメディアに注文したいところです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

保釈され原宿警察署で深々と謝罪した吉澤ひとみ被告を待つ過酷な現実とは!?正式起訴から公開裁判を受ける。莫大な損害賠償だけで済むのか?

SNS拡散が京都府八幡市のバイク追突事故の黒ベンツを発見!加害者が音信不通になる理由は任意保険!?ドラレコなどの用意と初期判断で逃げ得を防止できるぞ。

バイトテロのさらし行為=私刑に抑止力はある?必要?ネットから消えた “ax(@a__x__0)” の個人情報暴露とネットリンチの本質に迫る。

ニュースカテゴリの最新記事