Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「令和」が新元号に決定!令和元年です。万葉集からの出典。これから数十年を共にする大切な元号。新しい世の始まりです。

「令和」が新元号に決定!令和元年です。万葉集からの出典。これから数十年を共にする大切な元号。新しい世の始まりです。

新元号は令和に決定


image:ワイドスクランブルより

 

2019年4月1日午前9時半から、政府官邸で有識者懇談会が開かれ、原案に対し有識者9人から意見を求めました。

その上で衆参両議院長からの意見聴取や、全閣僚での協議を行い、さらに臨時閣議を開き新元号を閣議決定。

11時半ごろ、菅官房長官から発表がありました。

新元号は「令和」(れいわ)に決定しました。

 

万葉集の梅の花の歌32集にある言葉ということです。

日本古来の言葉が採用されました。

 

梅の花のように国民一人一人が花を咲かせるように

そういう想いを込めて、梅の花の歌から採用をしたということです。

また初めて国書からの採用については、万葉集という身分を越えて日本の自然を歌った国書からの採用が新しい時代に相応しい、そういった趣旨だったようです。

日本人として、中国古典からの出自でなければいけないということは無いはずです。

これから様々に論じられていくのでしょうが、素晴らしい元号ではないでしょうか。

 

「和」という言葉に込めたもの。

保守・安倍政権の顔を色濃く出したとも言えそうです。

安倍総理が強く国書からの選出を推奨したとの話も出ています。

外国人労働者や、外国人参政権の問題など、ここ二年ほどで保守サイドからも疑念を抱かれ課題山積だった安倍総理ですが、ここで保守への想いを出したい気持ちがあったのかもしれませんね。

これはあくまで邪推ですが。

これ以上に左派・右派に分かれてことさら新元号を論ずる必要は無いように思います。

「令和元年」を祝い、日本の明るい未来を祈りたいと思います。

 

安倍総理大臣が発表するのでは、という憶測も一部に流れましたが、前回の小渕長官(当時)と同様に官房長官による発表となりました。

 


image:グッド!モーニングより

 

直前の取材時には、菅官房長官のちょっと嬉しそうに話している様子が印象的でした。

 

 

新元号を発表するなんて晴れ舞台はそうそう経験できるものではないし、小渕氏もこの後総理大臣にまで上り詰めているわけです。

 

Advertisement

条件に合致

新元号を決めるにあたって考慮している条件は以下でした。

  • 常用漢字を使う
  • 1文字の画数は多くても12~15画
  • 頭文字は「M・T・S・H」以外
  • 民間の元号予想ランキングの上位はなるべく避ける
  • 人名に多い2文字は避ける
  • 大企業と同じ名称は使わない

 

特にネットを中心に予想ランキングが様々に繰り広げられましたが、上位に来ているものは採用しないという条件でした。

和泉屋の予想キャンペーンでの3月29日正午時点の結果では以下のようになっていました。

 

順位

元号案

1位

安永
2位 安久
3位 永光
4位 永安
5位 永和
6位 永明
7位 安明
8位 和永
9位 安始
10位 安栄

参考:和泉屋 新元号予想キャンペーン

Advertisement

 

「安」という漢字に人気が集中していたことが分かります。

「戦争の無い平和が成った」という平成の発祥から転じて、「平和がこれからも続くように」という想いが込められる名前になるのではと伝えられてきた影響が色濃く出ています。

実際の新元号は令和となり、このランキング上位のいずれも「外れ」ということになりましたが、皆さんの予想はどうでしたか?

ご自身が予想した新元号が的中していたら嬉しいですよね!

 

Advertisement

ジャガー横田の夫・木下医師がブログでうっかり?


image:SANSPO.COM

 

木下博勝氏(51歳)が3月24日、自身のブログで新元号が「永光」に決まったと記してしまうという珍事も発生していました。

 

木下氏は「新元号は、『永光』で決まり?」とのタイトルで投稿。「4月1日に発表予定の新元号ですが、以前武田氏の予想されているいくつかを紹介させて頂きました」と書き出し、「その中にも御座いました、『永光』に決まったとの未確認情報が入りました」と新元号が決定したと伝えた。

出典:SANSPO.COM

 

この記事では武田氏と言っていますが、竹田恒泰氏のことです。

明治天皇の女系の玄孫で、政治評論家、作家としても有名な方です。

皇室に関わる方で古事記などにも精通されていることから、新元号を予想されていました。

 

それにしても木下さんは一般人ではなく著名な方なので、安易にブログにこうした情報を載せてはいけないのは何となく察すべしですが…。

批判殺到し、ジャガーさんにこっぴどく叱られたという噂も。

 

実際は「令和」だったので、「永光」とは全くかけ離れています。

これはもしかすると、過熱する予想に対して政府の陽動だったとか…!?

さすがに考えすぎか!

 

Advertisement

まとめ

「平成」は天皇陛下崩御の悲しみに暮れる最中での急きょの決定でしたが、今回は大きく異なります。

デフレはなかなか脱することはできないけれども、少なくとも悲しみからのスタートではありません。

システムにトラブルはあるでしょう。

そういうものです。

落ち着いて、大きな混乱をきたすことはなく、新たな世を前向きに歩み出したいですね。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

玉川徹「安部・麻生紙幣!」とモーニングショーで新紙幣を安定の非難。新紙幣の改刷で偽造防止が急務だった理由は警察白書のデータでも分かる。

令和の「令」には日本の風情が漂う!知らなかった、実は使うべき素晴らしい言葉だというその理由。受け入れる寛容さを思い出して。

令和の漢文説は意図的!?モーニングショーで青木理が安倍総理の保守を肯定する珍事!?これが国書と言いながら漢文を引用した理由かも。

免許証は改元で更新(書き換え)が必要?読み替えで対処する方法とは?改元で「生活に支障をきたす問題」を洗って置こう。

岡田真和を改元を悪用した詐欺未遂で逮捕。元号の改元を悪用したその手口と言い訳とは?類似の手口は今後もあるかもしれない。

社会カテゴリの最新記事