Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

陰口とSNSのさらし行為の類似点とは?信頼される人間になりたくば陰口は言うな!さらし行為の拡散にも付き合うな。危険性を甘くみるな!

陰口とSNSのさらし行為の類似点とは?信頼される人間になりたくば陰口は言うな!さらし行為の拡散にも付き合うな。危険性を甘くみるな!

この記事では、陰口の本質と、SNSのさらし行為との類似点について書いています。

 

陰口なんて、ちょっと愚痴ってるだけで大したことないのでは?

いちいち記事にするほどのことでは無いのでは?

 

そう思われるかもしれませんが、陰口を甘くみてはいけません。

実は虐めの初期に始まる行為ということに着目すべきと感じたため、この記事を書くに至りました。

虐めの全てが陰口を発端としていませんが、陰口から憎悪が広がっていることはどの方にも容易に想像ができるのではないでしょうか。

 

そこでまず陰口の定義について決めておきます。

 

その人のいない所で、悪口を言うこと

出典:コトバンク

 

これを陰口の定義として進めていきます。

陰口とはいったい何なのか?

危険性は何なのか?

陰口を言うべきなのか?

こうした陰口の本質を突き詰め、そしてテーマはSNSのさらし行為との類似点に広がっていきます。

 

それではまず陰口の本質を突き詰めるにあたり、”陰口をいうひととはどういうひとなのか?” というテーマについて考えてみましょう。

 

Advertisement

陰口をいうひととは?

 

陰口をよくいうひとと、ほぼいわないひとに分けて考えてみましょう。

 

ひとは【自分では変えることができない他者の言動】にストレスを感じるものです。

このストレスは意識的・無意識的に蓄積されているものです。

本人に直接言えればそれは陰口ではありません。

陰口は本人に言えない何らかの理由があり、変えることができないストレスから、第三者に悪口を話す行為と考えられます。

 

陰口をいわないひととは、このストレスを感じても陰口からもたらされる結果を意識的・無意識的に理解し自制できるひととします。

対する陰口をいうひととは、ストレスを自分の中で処理しきれず、苛立ちを第三者に吐き出さないと耐えられないひとと解すことができます。

 

吐き出すことでストレスから解放されると脳が喜ぶため陰口は癖になる傾向があります。

会社や学校ですぐに陰口を囁いてくるひとは、パッと顔に浮かぶのではないでしょうか。

そういうひとは、陰口が癖になっているものと考えられそうです。

 

ところで【自分では変えることができない他者の言動】とは具体的にどういうものを指すのでしょうか?

陰口の目的を掘り下げる前にこの言動について整理しておきます。

 

Advertisement

【自分では変えることができない他者の言動】とは?

 

以下のような要素だったり、言動を指します。

 

  • 容姿や臭い
  • 言葉づかいや癖
  • 性格やものごとの考え方、趣味
  • 記憶力、順応性、判断力、会話力、統率力、知識力、学力などの能力と、それに準ずる言動

 

こうした要素や言動に対してストレスを感じるというのは、どういうことでしょうか?

例えば体臭がきつい同僚のことが嫌で仕方ないけれども、本人になかなか「くさい」と言えないものですよね。

香水がきついのなら香水をやめてもらうだけで片付きますが、体臭はそう簡単なことではありません。

ひとは他人のこうした要素や言動を直接的に変えることはできず、他人が自ら変わるきっかけを与えることはできると言われています。

例えば仕事の会話力が弱いひとに「もっと会話力を磨きなさいよ」と言っても、直接的にそれで会話力が変わるわけではありません。

いくら注意をしても響かない人もいます。

もし変わるとしたら、その人が自分で「変わらないと」と思い、何かしらの努力を始めることで変わるのです。

ひとは失敗や自省から変わろうと思うことで初めて変わっていくので、それを他者が促すには、直接話すこととは別の機会や技術を要するのです。

 

では次項で、何故陰口を言うのかについて掘り下げていきましょう。

 

Advertisement

陰口の目的とは?

 

陰口で、陰口を言われているひとを変えたいと思っていることはほぼありません。

陰口とは「ストレス仲間が欲しい」という欲求が根源となっていて、同意してもらうことに目的があると考えられます。

同じストレスを持っているひとがいて、この気分は自分だけのものでは無いと思うことでストレスから解放されようとしているのです。

 

初めはこのように純粋に吐き出したい欲求からでも、陰口が癖になっているひとは味方を作るために陰口と同意の構造を利用するようになります。

本来のストレスの解消という目的から、徐々に味方をつくることに目的が変わっていく傾向があります。

 

Advertisement

 

陰口を言うような他者の言動というのは自分では変えることができないことが前提になっているため、陰口がいずれ本人の耳に入れば改めてくれるかもしれないという願望にかわることも稀にあります。

しかし「失敗や自省」から変わることを促す技術はもっと高度なものであり、陰口という後ろ向きな行為から変化を期待するのは極めて結果論であって本質的な目的にはなりえないでしょう。

 

陰口の味方をつくる過程が、徐々に陰口をいわれるひとを攻撃していくことに繋がります。

陰口には様々な危険性があることを理解しなければいけません。

 

この点を加味しつつ、次項では陰口の危険性について3つを紹介します。

 

Advertisement

陰口の危険性とは?

 

陰口には様々な危険性・リスクがあります。

時に自身を貶めるものだし、時に組織を揺るがすものでもあります。

陰口をする間は、何もかも失ってしまう可能性を常に背負っています。

その例として3つを挙げます。

 

Advertisement

 

危険性① 顔の見えない攻撃

他者を攻撃している意識が極めて低く、陰口がコミュニティに蔓延することで偏見に繋がる危険性が高くなります。

陰口で同意が広がると「皆が言っているから言っても許される」という許容の空気が広がります。

やがて無視や虐めに発展し「特定の人物のコミュニティからの締め出し」に繋がっていきます。

危険性② 妥当性の無い陰口による自滅

例えば上司に叱られがちなので同僚に「上司が自分勝手に怒ってばかりの酷い人だ」と陰口を言っても、どの同僚もその上司から頻繁に、不条理に怒られていなければ同意を得ることはできません。

むしろ誰かにとっては熱心な良い上司なのかもしれません。

結構会社にいるとこいういう陰口を聴きますが、これでは自分の実力不足を上司の責任に転嫁しようとしているダメ人間だと思われてしまうでしょう。

自分が単に愚痴を言いたいのなら、上司の性格を引き合いに出さない方が良いのです。

危険性③ 永遠のストレスの輪

陰口を伝えた誰かから「自分の陰口も言われるかもしれない」と敬遠されてしまうリスクを考えないといけません。

コミュニティで敬遠され、他者の協力を得にくい状況ができてしまうのは、回りまわって自身の損になります。

陰口は癖になるため敬遠するひとの陰口をまた誰かにしてしまいます。

さらなるストレス要因を自分で作り「永遠のストレスの輪」から抜け出せなくなるでしょう。

 

Advertisement

陰口は言うべきか?

 

これはもう説明するまでもありませんが「言うべきではありません」。

ただの愚痴程度にしか考えていなかったひとには、ぜひ心に置いてもらいたいと思います。

 

陰口で一時的にストレス解消したと思えても、ストレス要因=他者の言動は何も変わっていません。

そのため陰口はただ蔓延し、コミュニティの建設的、創造的な活動をも減退させます。

会社などの組織であれば、生産性が極めて悪い行動のひとつと考えられます。

「他者への良い影響」という評価軸があれば、頻繁に陰口を言ってしまうようなひとはマイナス要素となるはずです。

評価者というのは見ていないようでそうした行動を見ているものです。

陰口を言っているひとのことを、上司に陰口(告げ口?)している誰かがいるかもしれませんしね。

 

危険性を理解してもらえたなら、組織を混乱させ、永遠のストレスを抱え、自滅していくきっかけになるものが陰口だということも分かるはずです。

もしストレスを自身で処理できず吐き出したいと感じたとしても「コミュニティ内での陰口」という方法はリスクが高すぎるためやらないに越したことはありません。

もし陰口をいうひとから囁かれたのなら、ただ聞いて誰にも口外せず、そこで陰口の拡散を止めれば良いでしょう。

 

しかしただ陰口をやめるだけでは、ストレスを感じて誰かに話したいひとはどう対処したらよいのでしょうか?

 

Advertisement

陰口に代わる方法は?

 

「コミュニティ外での吐き出し」の方がリスクは各段に少なくなります。

家族や友人など、対象と全く別のコミュニティで吐き出しそこで完結させる方法です。

コミュニティ外だともろもろの説明が難しいし、コミュニティ内の第三者のほうがすぐに伝わるから陰口のほうがいいのかもしれませんが、それが陰口の罠、誘惑であることに気付かないといけません。

コミュニティで信頼される人間になりたいのなら、その部分においては強くならないといけません。

 

Advertisement

 

また家庭や友人に話しづらいことでも、SNSや「Yahoo!知恵袋」などを活用することで吐き出す方法もあります。

その際に守るべきは、自分も相手の本名も、会社名なども絶対に言ってはいけないということです。

完全な匿名を守り、起こっていることとストレスに感じていることのみを伝えて、世間の同意を求めてみると良いでしょう。

同じような境遇のひとは多かれ少なかれいるので、何らかの反応はもらえるはずです。

これは「コミュニティ外での吐き出し」にあたり陰口にはなりません。

実際に「Yahoo!知恵袋」などの質問サイトには、膨大な数のこうした相談がやり取りされています。

もしSNSなどで匿名にせず相手の名前を書いてしまえばコミュニティ内のひと(例えば会社の同僚)が気づいてしまい、「インターネットという巨大なコミュニティを活用した最悪の陰口」になってしまうため注意が必要です。

 

Advertisement

SNSで起こっている “さらし行為” は陰口に近い?

 

ここからは、陰口とSNSのさらし行為の類似点についてテーマを拡大して書いていきます。

 

ツイッターなど匿名SNSを活用したさらし行為とは、本名や個人情報を調べ上げ、投稿者自身の素性を伏せてインターネットというコミュニティに拡散させる行為です。

本名や個人情報はFacebookやInstagramの画像などから特定することが多いようです。

寿司店やコンビニで馬鹿な行為を動画で撮影しツイッターやInstagramに投稿、店舗に迷惑をかけている一連の「バカッター事件」「バカスタグラム事件」に対して、インターネットで行われている公開処刑と言っても良いでしょう。

拡散される根底には、被害をこうむった店側は店の名前が世間にさらされ風評被害を受けているのに、加害者の名前はさらされていないのはおかしいという「大きな勘違い」があります。

さらされたひとは結果に対する法的な処分がなされるため、被害者である店側がそれで納得するべきことです。

手軽に私刑できるという発想自体が「大きな勘違い」なのです。

こうしたさらし行為によって、処分に加えて世間から締め出されることになります。

どこに行っても顔と名前が悪いイメージとともに検索されてしまい、まともな仕事にさえ就けなくなることでしょう。

 

Advertisement

 

多くの拡散が行われるとその さらし行為は、

 

悪いことをしたやつが悪いんだから世の中から抹殺されてもいいと、皆も思っている

 

という間違った許容を生んでしまっています。

賛同している多くのひとは拡散された大きなウネリに乗っかり、「皆思っているから正しい」というバイアスに左右されていることに気付いていません。

さらし行為の構造は、学校や会社で行われている陰口に近いでしょう。

投稿の拡散は、陰口がひとの口から口へと伝えられ、同意され、許容されていく過程に似ています。

陰口はクラスや職場といった小さいコミュニティ、さらし行為は世間という巨大なコミュニティという違いはありますが、その結果がコミュニティでの立場を悪くする効果があるという点でも似ています。

 

Advertisement

 

この陰口の構造との類似性から逆にたどってみると、SNSの さらし行為とは以下のような感情が根源にあると考えても良いのかもしれません。

 

おかしいと感じた言動を理解できず
変えることも裁くこともできない人間に対して強いストレスを感じ
その苛立ちを自分の中で処理できず
第三者に吐き出したい
同意を得たい

 

陰口とさらし行為の最大の違いは、リアル(現実世界)かインターネットかの違いです。

陰口を言いがちな人間はコミュニティの中で目立つ存在なので、だいたい特定されどこかで自制が効き始めるものですが、さらし行為は投稿者の素性が明らかになっていないため自制が効きにくい温室の状態に置かれます。

むしろ素性が明らかではなく謎のままなことで、あたかも「影で真実を追求する英雄・ダークヒーロー」であるかのように扱われたりもします。

実に不気味な現象だと思いませんか?

 

Advertisement

さらし行為も同じ方法に代われるのか?

 

前項で書いた通り、SNSのさらし行為には陰口と同じ感情が根源にあるとしたら、代わる方法も同じと考えてみてはどうでしょうか?

「コミュニティ外での吐き出し」であるなら、インターネットではないリアルの友人や家族にうんと吐き出してみるのは有効ではないでしょうか?

SNSや「Yahoo!知恵袋」などを活用するのなら、あくまで匿名でその怒りの感情をうんと吐き出して、沢山の同意を得てみてはどうでしょうか?

 

有効性としての答えは、さらし行為を早期にやめれば代わりになるかもとしか言いようがありません。

 

さらし行為のやっかいな点は、あまりに沢山のひとに “いいね” や “拡散” という同意を得られることで承認欲求が過剰に満たされた状態になっているということです。

いわば中毒状態になっている状態です。

例えば陰口を学校の教室でする場合の拡散力はせいぜい10人や20人程度ですが、SNSで拡散するとあっという間に数百人から数千人に広がってしまいます。

これをさらし行為の “成果” とするのなら、あまりにも過大な成果が得られており承認欲求を強く強く満たしたい脳の状態になっていることが予想されます。

 

Advertisement

 

特に抜け出しにくいひとはリアル(現実世界)で承認欲求が満たされていないひとだと考えられます。

こうしたひとは更正する場がありません。

アルコール中毒患者が隠れて飲んでしまうのと同じで、一度やめてもほとぼりが冷めたころに別のアカウントで復活して延々と続ける気がしてなりません。

アカウントを取得するのは非常に簡単です。

簡単ゆえに誘惑に勝つことができません。

実際に有名なさらし行為のアカウントが、別のアカウントで復活したのでは?と囁かれているのを何度かみかけています。

こうならないためには早期にやめて、自身の感情やストレスについて客観的に見つめることを勧めたいです。

 

またさらし行為の承認欲求に過剰な報酬を与えているのは、”いいね” と “拡散” をするフォロワーです。

“いいね” と “拡散” をしないというのも、さらし行為をやめさせるためには大切なサポートになります。

 

Advertisement

さらし行為を推奨しないもうひとつの理由

 

さらし行為を推奨しないのはもうひとつ、さらに追い詰められることを案じているためです。

さらし行為の末路は、さらし行為を嫌うひとによって通報されガイドラインにかかりアカウントロックされたり、訴えられそうになったり、逆に素性を特定されさらされる恐怖に怯えることになることが多いようです。

 

まず、さらし行為は個人情報をむやみに拡散させる行為なので、拡散されたひとから訴えられる覚悟が必要です。

バカッターのような行為で加害者になったひとにも人権があり、過剰なさらし行為に対して訴えることができます。

弁護士を介して送信防止措置の手続きが取られればアカウント削除に応じざるを得ません。

次のステップで訴訟になれば勝てる要素は微塵もありませんから。

実際にさらし行為で有名になったツイッターアカウントが訴えられそうになり、アカウントを閉鎖した事例もあります。

 

Advertisement

 

またハッカーの存在を軽視すべきではありません。

SNSや掲示板のアカウントというのは完全に匿名であると多くのひとが誤解をしていますが、しかるべき人間には丸見えだったりします。

警察は【IPアドレス→プロバイダ→個人情報】のような手法で手繰りますが、ハッカーはまた別の技術を活用し近いことができます。

ダークネットには個人情報のリストが出回っているとも聞きます。

ハッカーは適当なひとの個人情報を適当に抜いても犯罪だし何もメリットが無いからやらないだけです。

セキュリティ技術は進歩していますが、それはアタックする側の技術が向上しているから守りを固める必要があるためで、当然ハッキング技術も進歩しているわけです。

こうした技術を擁する高度なハッカーにとってさらし行為をする人間の個人情報を手繰るのは容易なことだというのは想像できるのではないでしょうか。

高度なハッカーがたかが個人を相手にするか?とも思うでしょうが考えてみて下さい。

 

Advertisement

 

ハッカーも様々なひとがいます。

破壊したり盗み出したりする行為そのものに快感を感じるクラッカーがいます。

対極的に人のためにハッキング技術を使いたいというホワイトハッカーがいます。

要は技術とは全く別の、人生で何に価値観を置いているかどうかが重要なのです。

さらし行為をおおっぴらにやってついにお節介なハッカーの目に留まったとします。

それが自身が生業とするネットの荒らしだと映れば、”あなたのこともさらしますよ?”  と、様々な個人情報を記載したダイレクトメッセージが送られてくる日もそう遠くは無いいでしょう。

もしさらし行為をしていた人間だと世間にさらされれば、残念ながら企業では雇いたくない人間になる可能性が高いのです。

企業はコンプライアンスにより個人情報を大切にしていますので、個人情報をさらす行為に快感を覚えたひとを雇いたいわけがありません。

仮にさらされなかったとしても、顔のみえない何者かに自身の個人情報が一生握られていると思うとゾッとしませんか?

 

インターネットの世界は深淵で見えづらいですが、実は全てひとが作った技術で運営されているコミュニティだということを忘れてはいけません。

そんなことあるか?と思うひとは、そうした当事者になったことが無いからそう思えているだけかもしれません。

インターネットという巨大なコミュニティでダイナミックにひとを貶めることができるということは、自身もダイナミックに貶められる可能性があるということを理解できるのなら、さらし行為はやるべきでは無いはずです。

 

Advertisement

まとめ

陰口の本質と、SNSでのさらし行為との類似点について書いていきました。

虐めはよく、見て見ぬふりをするひとも虐めに加担しているのと同じだと言われますが、陰口を拡散するひとも同類だと思いませんか?

それに当てはめれば、さらし行為で拡散に加担してしまったひとたちもまた、虐めに加担しているのと同類ということになりはしないでしょうか。

バカッターをしたひとの名前や住所、何もしていない家族までもさらすことは、正しいことをしているのだから虐めではないというひとは、リアルでも胸を張って大きな声で主張できるのかを自分の心に問うてみてください。

誰にも顔がみえないはずだからやっているだけではないですか?

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事を紹介させていただきます。

 

バイトテロのさらし行為=私刑に抑止力はある?必要?ネットから消えた “ax(@a__x__0)” の個人情報暴露とネットリンチの本質に迫る。

生き方と健康カテゴリの最新記事